ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 高齢者福祉課

本文

高齢者福祉課

記事ID:E000012

諏訪市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画

令和3年度から5年度までの3年間を計画期間とする「諏訪市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画」を策定しました。

介護保険制度の導入以降、高齢者福祉に関する計画や介護保険事業計画を3年ごとに見直しながら策定し、高齢者の総合相談や生きがいづくり、介護予防など各種事業の推進を図ってまいりました。

本計画では「誰もが元気に安心して暮らせるまちづくり」を基本方針とし、事業を推進してまいります。

諏訪市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画 [PDFファイル/3.49MB]

 

高齢者福祉課 高齢者福祉係

〇介護保険以外の高齢者福祉サービスを提供します。
〇地域包括支援センターにおいて、介護相談を伺い、高齢者の生活を総合的に支援します。また、在宅介護支援センターにより、高齢者を支える地域支援ネットワークを推進し、在宅介護の相談・支援等を行います。
〇高齢者の健康づくり、生きがいづくりを支援します。
〇養護老人ホームへの入所の相談・手続きを行います。

高齢者福祉サービス(クリックしてください)

高齢者福祉係の業務

相談窓口 [PDFファイル/80KB]

地域包括支援センター [PDFファイル/365KB]在宅介護支援センター [PDFファイル/80KB]が健康面や介護、認知症等の相談に対応します。

生活支援のためのサービス [PDFファイル/122KB]

○緊急通報システム事業
ひとり暮らし高齢者等が、緊急時に24時間体制のセンターへ通報することにより、センターの係員が緊急対応します。
○高齢者タクシー利用料金助成事業
通院時、バスの利用が極めて難しい高齢者に対して、タクシー利用料金の一部を助成します。
○福祉電話の設置
低所得のひとり暮らしの高齢者に電話加入権を貸与し、基本使用料を市が負担します。
○日常生活用具の購入支援
市内在住のひとり暮らし高齢者のために、火災報知器、自動消火器、電磁調理器の給付をします。

◆包括的支援事業

地域包括支援センターにおいて、高齢者が抱える様々な問題の総合的な相談や、要支援認定者、事業対象者に対する介護予防ケアマネジメントを実施します。また、自分らしく生活し続けるために、介護予防の啓発をします。
市内4か所に設置した在宅介護支援センター [PDFファイル/112KB]により、在宅介護の相談及び在宅福祉サービスの総合調整をします。また、ひとり暮らし高齢者等の健康訪問調査を積極的に進めます。

◆介護予防のためのサービス

高齢者の方々が、いつまでも健康で自分らしい生活ができるよう、介護予防教室等を行っています。

介護者支援サービス [PDFファイル/186KB]

○寝たきり高齢者等理美容サービス
在宅の寝たきり高齢者を対象に、業者の出張理美容を受けた際の(出張料)を年5回まで助成します。
○介護者のひろば
寝たきり高齢者を介護する家族などへマッサージ奉仕を実施します(年一回、広報で募集)。また、同じ悩みを持つ家族や経験者が交流する場を設けます。
○介護慰労金の支給
寝たきりや重度の認知症の高齢者を長期にわたって在宅で介護している介護者に対し、労をねぎらうために慰労金を支給します。
○認知症高齢者等見守りシール交付事業
認知症等により行方不明になる心配のある高齢者やその家族を支援するため、QRコードが印字されたシールを交付します。
○徘徊高齢者位置情報検索システム
認知症高齢者の介護者を支援するため、位置情報検索システムに加入する際の費用の一部を助成します。
○介護用品の購入援助
介護者の経済的負担の軽減を図るため、紙おむつ等の介護用品の購入に対する援助券を支給します。
○家族介護者交流事業
寝たきり高齢者を介護者する人へ各種研修・教室、休養の場を提供することにより、介護技術の提供、介護疲れをいやし心身のリフレッシュを図ることを目的として実施しています。
○認知症高齢者家族の会
認知症の高齢者を介護する介護者が、懇親会、レクレーションなどの活動を行っています。

自立支援のためのサービス [PDFファイル/119KB]

○食の自立支援事業(ぬくもり配食サービス)
在宅の高齢者が健康で自立した生活を送ることができるように、食生活の改善と健康増進の観点から、配食及び見守りサービスを行います。糖尿病等の治療食にも対応可能です。
○住宅改良アドバイザーの派遣
手すりの取付や段差解消などの住宅改修において、住宅改良アドバイザーを派遣して指導や助言を行います。
○寝たきり高齢者等の住宅改修に対する補助
在宅で寝たきり高齢者を介護するため、居室や浴室などを改修する場合、その工事費用の一部を補助します。

○自立支援のための住宅改修に対する補助
要介護認定で非該当(自立)と判断された高齢者で、介護予防のために、居室などへの手すりの取付けや段差の解消などの改修をする場合、工事費用の一部を補助します。

高齢者のいきがいづくり支援 [PDFファイル/106KB]

高齢者が地域においていきいきと生活できるよう活動の場所を整備していきます。
また、住民ニーズに応じた生涯学習環境の充実など、高齢者の自己実現機会の拡充を図るとともに、高齢者の知識や技術を地域のさまざまな活動に積極的に活用していきます。
○老人クラブ活動助成事業
健康づくり、学習活動、社会奉仕等を行う老人クラブ活動に対し、活動費の一部を補助します。
○おとしよりの集い開催事業
老人クラブ、社会福祉協議会との共催により、高齢者が楽しんで参加できるイベントを企画します。
○生きがいと健康づくり推進事業
中洲とちの木ひろば」(←クリックして下さい)「西山の里なかよし広場」(←クリックして下さい)の2か所の生きがいひろばと、「老人福祉センター」(←クリックして下さい)を開放し、サークル活動や健康づくりの推進を図ると共に、高齢者のふれあいと生きがいの場所を提供します。
○高齢者の通いの場の支援
社会福祉協議会と協力し、通いの場(サロンやボランティア活動、サークル、教室等)の支援をしています。
○高齢者の活躍の場
1.シルバー人材センター
高齢者の経験や技術を社会に生かし、大工仕事や経理事務など、熟練の技を生かした仕事をすることで、生きがいの場を提供しています。
※詳細はシルバー人材センター(Tel0266-57-1388)へお問い合わせ下さい。
2.諏訪市生きがい学級
60歳以上の方を対象に、自らの能力を高め、生きがいのある生活を送るための講座を開催します。
※詳細は諏訪市公民館(Tel0266-53-6219)までお問合せ下さい。
3.県シニア大学
長野県では、高齢者の生きがい、健康づくりを進め、仲間の輪を広げながら積極的に地域で活躍していただく方を養成するため、長野県シニア大学を開催しています。
○入学資格:おおむね60歳以上の県内在住者で、学習意欲があり、地域活動等を行おうとする方
○募集:毎年2月に募集
※詳細は長野県シニア大学本部(Tel026-226-3741)にお問合せ下さい。

老人福祉施設入所措置事業

身体機能の低下や家庭の事情により、在宅で生活できないおおむね65歳以上の高齢者を養護老人ホームに入所措置します。
○対象者:経済的に困窮し、かつ身体機能の低下や家庭の事情により在宅での生活が困難な市内在住のおおむね65歳以上の高齢者で入所判定委員会において措置入所が必要と認められた方。
○入所施設:聖母寮(諏訪市)、寿和寮(茅野市)、岡谷和楽荘(岡谷市)
○費用負担:所得に応じて
○申請先:諏訪市役所高齢者福祉課

高齢者福祉課 介護保険係

介護保険係の業務

介護保険事業の受付や認定調査等を行っています。

○介護保険に関する業務を行っています。
・介護保険の申請受付・認定調査に関すること
・介護保険料に関すること
・介護相談、介護施設に関する案内・苦情に関すること
・介護給付等の費用適正化に関すること
デイサービスセンター「西山の里」の指定管理に関する業務を行っています。
○社会福祉法人(老人福祉に関するものに限る)の許可等に関する業務を行っています。
※介護保険のサービスの利用方法及び内容等につきましては、 こちら をご確認ください。