ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報

本文

新型コロナウイルス感染症関連情報

記事ID:0000001 更新日:2023年1月31日更新 印刷ページ表示

このサイトでは、新型コロナウイルス感染症に関連する情報を掲載します。

リンクボタン 現在の市公共施設の開館状況について

 

市民の皆様へ

○現在の諏訪市の状況

・長野県下に「医療特別警報」が発出されています。
・諏訪圏域の感染警戒レベルは4です。

令和5年1月31日(火)、長野県下に発出されていた「医療非常事態宣言」が解除され、
「医療特別警報」に引き下げられました。

 

令和5年1月30日(月)、諏訪圏域の感染警戒レベルは5から4に引き下げられました。

 

11月22日(火)、長野県を含む複数団体より「『新型コロナ第8波克服』県民共同宣言​」が発出されました。
詳しくは長野県HP「『新型コロナ第8波克服』県民共同宣言」にご賛同ください」<外部リンク>
よりご確認ください。趣旨へのご理解とご協力をお願いします。

※上記サイト下部のリンクより共同宣言への賛同申請が可能です。多くの方のご賛同をお願いします。

 

10月28日(金)、長野県の感染警戒レベル基準の見直しが行われました。
感染警戒レベル基準の見直しに関する詳細は長野県HP
新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト<外部リンク>」よりご覧ください。

 

●市所管施設の情報は左メニュー
イベント開催や施設の開館情報」よりご確認ください。

●長野県からの情報は長野県HP
新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト<外部リンク>」よりご確認ください。

●長野県が実施している無料検査の情報は長野県HP
新型コロナウイルス感染症の無料検査について<外部リンク>」よりご確認ください。

●軽症者登録センターに関する情報は長野県HP
新型コロナウイルス感染症軽症者登録センターについて<外部リンク>」よりご確認ください。

 

○市民の皆様へのお願い

●年末年始を契機とした感染拡大を乗り越えるためのお願い

 令和5年1月12日(木)、長野県より「年末年始を契機とした感染拡大を乗り越えるためのお願い<外部リンク> 」が発出されました。
 ​第8波における新規陽性者数の増加に伴い、11月最終週以降、死亡者数が 極めて多い状況が継続しています。感染拡大の防止にご協力をお願いします。

 ●基本的な感染防止対策について

市民の皆様には、以下の点に注意していただくようお願いします。

(1)基本的な感染防止対策を徹底してください
 ・人との距離の確保・マスクの正しい着用(不織布マスク推奨)
  【長野県】マスク着用についての目安(令和4年11月1日改訂)<外部リンク> 
  【長野県】「マスク着用についての目安」に関するQ&A(令和4年11月1日)<外部リンク>                                          
 ・手洗い・手指消毒・ゼロ密を意識・屋内や車内の十分な換気
 ・症状がある場合は、出勤、外出等の人との接触を控えてください。


(2)社会経済活動を維持するために
 ・会食をする際は状況に応じてマスク会食を
 ・会食中は1m以上の距離の確保、または飛沫防止パネルを使用する
 ・人との距離が確保できない場所や換気が不十分な施設などは避ける
 ・できるだけ「信州の安心なお店」や「新型コロナ対策推進宣言の店」認証店の利用
 ※長野県 信州版❝新たな会食❞のすゝめ<外部リンク> (令和5年1月17日改定)
 ※長野県 信州版 新たな旅のすゝめ<外部リンク> (令和5年1月17日改定)


(3)高齢者、基礎疾患のある方等重症化リスクが高い方は、特に感染防止対策を徹底してください


(4)家庭内においても感染対策を講じてください
 ・日頃から室内を定期的に換気するとともに、こまめに手を洗う
 ・ご家族に療養者がいる場合はもとより、体調不良の方や濃厚接触者がいる場合は、家庭内でもマスクを着用するなど必要な対策を講じる
 ・発熱等の体調不良時に備え、あらかじめ、薬局等で検査キットや解熱鎮痛剤等を購入してください
  ・重症化リスクが低く軽症の方は、できるだけ自己検査をお願いします。陽性となった場合は、軽症者登録センターを積極的に利用してください


(5)接種券が届いたら、できるだけ速やかにワクチンの追加接種を検討してください
 ・オミクロン株対応のワクチンは、オミクロン株に対して今までのワクチンを上回る効果がありますので、速やかな接種をご検討ください

 

新型コロナウイルス感染症に係わる差別や誹謗中傷により苦しんでいる人がいます。また、誹謗中傷をおそれるあまりに受診をためらうことは、重症化のリスクを高めるほか、さらなる感染の拡大を招きかねません。市民お一人おひとりが「思いやり」の心を持ち「支えあい」の輪を広げ、みんなでこの危機を乗り越えていきましょう。

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)