ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 総務課 > 市民の皆さんが市役所に提出する書類の押印を見直します

本文

市民の皆さんが市役所に提出する書類の押印を見直します

記事ID:0036593 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示
〇見直しの目的

 市では、これまで約1,300件の書類について押印を求めてきましたが、市民の負担を軽減して市民サービスの向上を図るとともに、今後の行政手続のデジタル化及びオンライン化へスムーズにつなげるため、押印を求める慣行を見直すこととしました。

〇見直しの内容

 市民が市役所に提出する書類のうち、法令等に押印の根拠があるものを除き、約1,000件の書類について、押印を廃止します。押印を廃止する書類の一覧は、添付ファイルをご覧ください。

 なお、書類によっては、申請者等の意思確認をするため、「署名(自分の氏名を手書きすること)」または「記名押印(自分の氏名を印字または代筆により記すこと)」を求めるものがあります。
 詳しくは、各課の窓口でご確認ください。

〇見直しの実施時期

 令和3年4月1日から実施します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)