ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康推進課 > 諏訪市骨髄移植ドナー支援事業

本文

諏訪市骨髄移植ドナー支援事業

記事ID:0004216 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

諏訪市では平成31年4月より、骨髄・末梢血幹細胞提供者(ドナー)及びドナーが勤務する事業所の負担軽減と、骨髄移植の推進及びドナー登録者の拡大を推進するため、提供者と提供者が勤務する事業所に対し、補助金を交付する事業を実施します。

対象

ドナー(提供者)

以下(1)~(4)のすべてに該当する方
(1)骨髄等の提供時に諏訪市に住所を有している方
(2)骨髄等の提供を行うための休暇制度を導入している事業所等に勤務していない方
(3)平成31年4月1日以降に、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄等の提供をした方
(4)当該骨髄等の提供について、この補助金と同様の趣旨の他の補助金、助成金等を受けていない方

ドナーが勤務する事業所等

  1. ドナーの要件に該当するドナーが骨髄等の提供時に勤務する事業所等
  2. 当該ドナーによる骨髄等の提供について、この補助金と同様の趣旨の他の補助金、助成金等を受けていないこと

補助金額

ドナー(提供者)

  • 通院、入院及び面談のための日数1日につき2万円
  • 1回の提供につき10日を上限とします。

ドナーが勤務する事業所等

  • ドナーが通院、入院及び面談のための日数1日につき1万円
  • 1回の提供につき10日を上限とします。

申請方法

骨髄等の提供が完了し、医療機関を退院した日の翌日から1年以内に、申請書に次に掲げる必要書類を添えて以下の「問い合わせ先・申請場所」に持参または郵送にて申請してください。
※事前に、下記「問い合わせ先・申請場所」にご連絡ください。

ドナー(提供者)

  1. 諏訪市骨髄移植ドナー支援事業補助金交付申請書(ドナー用)
  2. 骨髄バンクが発行する骨髄等の提供を行ったことを証する書類の写し
  3. 骨髄等の提供に係る通院、入院または面談をした日を証する書類の写し
  4. 健康保険証の写し
  5. その他、市長が必要と認める書類

ドナーが勤務する事業所等

  1. 諏訪市骨髄移植ドナー支援事業補助金交付申請書(事業所用)
  2. ドナーとの雇用関係が確認できる書類
  3. 事業所の所在地が確認できる書類
  4. 骨髄バンクが発行する骨髄等の提供を行ったことを証する書類の写し
  5. その他、市長が必要と認める書類

 骨髄移植等により、移植前に受けた定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断され、感染症予防のため再接種を行った場合の費用を助成します。
詳しくは、下記をクリックしてください。
「骨髄移植等による予防接種の再接種費用補助金」

問い合わせ先・申請場所

諏訪市役所健康推進課健康予防係
(諏訪市保健センター)
住所:392-0027
諏訪市湖岸通り五丁目12番18号
電話:0266-52-4141内線591

日本骨髄バンクの画像<外部リンク>

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)