ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 諏訪市消費生活センターサイト > 電気や電話の契約切り替えトラブルに注意!!

本文

電気や電話の契約切り替えトラブルに注意!!

記事ID:0003739 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

電話勧誘での電気の切り替え契約や電話回線の契約トラブルが増えています。今契約中の電力会社だと思っていたら、別会社と契約を結ぶことになっていたということもありますので、十分注意しましょう。

対処法

  • 口頭でも契約は成立するので、契約を希望しない場合ははっきりと断り、検針票の内容など情報は安易に伝えないようにしましょう。
  • 迷う場合は電話ですぐ答えず、対面や書面での説明を求め、よく考えましょう。
  • 「契約の変更が必要だから」などと電話で言われた際は、今契約している会社へ確認してから、自らの意思を明確に伝えましょう。工事業者が来た場合も同様に断り帰ってもらいましょう。
  • 電力にはクーリングオフがあり、電気通信サービスにはクーリングオフと似た初期契約解除制度というものがあります。使用できる期間はどちらも契約書面が届いた日を初日として8日間です。取り消す際は早めの行動が必要になります。

※NTT東日本とNTT西日本では2024年以降、電話会社内の設備の切り替えを予定していますが、その切り替えに便乗し、「固定電話や電話番号が使えなくなる」といった勧誘をしてくる業者が増えています。
設備の切り替え後も現在使用中の電話機や電話番号はそのまま使えます。設備切り替えに伴う、手続きや工事も不要です。
よくわからなければ、その場での返事は避け、家族や周囲の人に相談しましょう。

詳しくは国民生活センターHP<外部リンク>をご覧ください


よくある相談