ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 市民課 > 国民健康保険の限度額適用認定証等の申請について

本文

国民健康保険の限度額適用認定証等の申請について

記事ID:0003660 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

「限度額適用認定証」、「限度額適用・標準負担額減額認定証」(以下、「認定証」)とは、外来で医療費が高額になるときや入院するときに医療機関の窓口で提示すると、窓口での支払いが限度額までになる認定証です。

国民健康保険に加入されている方で認定証の交付申請をされる方は、市役所1階6番窓口でご申請ください。

認定証の申請が必要な方

  • 70歳未満の方
  • 70歳以上75歳未満で一定の所得区分に該当する方

※70歳以上75歳未満の方は、窓口で申請する前にお気軽に電話でお問い合わせください。

認定証の申請に必要なもの

  • 申請書
  • 国民健康保険被保険者証
  • 本人確認書類
  • 世帯主及び認定証が必要な方の個人番号がわかるもの

(・非課税世帯で長期入院該当の場合、医療機関発行の領収書が必要となることがあります。事前にお問い合わせください。)

※申請書は、窓口にも置いてあります。
※別世帯の方が申請する場合は、委任状が必要です。

ご注意ください

  • 認定証は、国保税に未納がある場合は交付できません。
  • 認定証の有効期限は毎年7月31日までです(ただし、年齢等により異なる場合があります)。
    8月以後も継続して認定証が必要な場合は、8月中に再度申請してください。
  • 世帯員に異動があった場合や所得に変更があった場合は、認定証の適用区分が変更となる場合等があります。