ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 地方税共通納税システムによる電子納税が始まりました

本文

地方税共通納税システムによる電子納税が始まりました

記事ID:0002044 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

地方税の納税を地方公共団体や金融機関の窓口に出向くことなく、自宅や職場でパソコンからインターネットを通じて行うことができるようになります。

地方税共通納税システムとは

地方税共通納税システムとは、eLTAX(※1)を利用して、すべての地方公共団体へインターネットバンキングやダイレクト納付(※2)により地方税を納税できる仕組みのことです。地方公共団体や金融機関の窓口に出向くことなく、自宅や職場のパソコンからインターネットを通じて複数の地方公共団体に一括して納税することができます。

※1:eLTAX(エルタックス)は全地方公共団体で組織する「地方税共同機構」が運営する地方ポータルシステムの呼称で、地方税における手続きをインターネットを利用して電子的に行うシステムです。
※2:ダイレクト納付は事前に登録した金融機関口座を指定して、直接税金を納付する方式です。

納付できる税金の種類

  • 個人住民税(特別徴収分、退職所得分)
  • 法人市町村民税
  • 法人都道府県税
  • 法人事業税
  • 地方法人特別税
  • 事業所税

利用開始日

令和元年(2019年)10月1日から

利用方法

詳しくは eLTAXホームページ<外部リンク>をご覧ください。

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)