ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 水道局 > 施設課 > 白いモノが発生する

本文

白いモノが発生する

記事ID:0003599 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

白いモノが発生する場合の対処方法です

白いモノが発生する場合は、さまざまな原因が考えられます。

1.アルミ製容器の内面に白い斑点が発生する

お客様所有のアルミ製容器で、アルマイト処理された内面の被膜が劣化した場合、発生する可能性があります。
原因は、アルミ素地が露出したことで、空気や水道水の酸素と融合し、白い水酸化アルミニウムが形成されたものと考えます。
空炊きや金属タワシなどで洗ったりせず、スポンジなどやわらかい物を使用してください。
水酸化アルミニウムは、水に溶けませんので安全性に問題はありません。
気になる方は、買い換えなどをお勧めします。

2.氷の中央部に白い固形物が発生する

水は外側から徐々に凍るので、水道水中に溶けている空気やミネラル分が中央部に凝縮し、白い浮遊物となり残ることがあります。
ほこり、ゴミなどが入り込む場合があります。
気になる方は、市販の氷を使用されることをお勧めします。

3.やかん、加湿器の吹出し口周辺、蛇口等に白い固形物が付着する

水道水中のカルシウム、マグネシウムなどの硬度成分が煮沸することで析出し、やかんなどに白い“スケール”を形成する場合があります。
硬度の高い水質ほど析出量は多く水のミネラル分なので安全性に問題はありません。

4.上記以外で原因不明の場合

何らかの理由で、水道局が管理している配水管から異物が混入している可能性があります。
水道局まで連絡してください。
局職員が調査に伺い対応します。