ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 水道局 > 施設課 > マンホールや公共汚水桝のふたが壊れているときは

本文

マンホールや公共汚水桝のふたが壊れているときは

記事ID:0003589 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

マンホールや公共汚水桝のふたが壊れているときはの画像

イメージ[その他のファイル/15KB]

諏訪市の公共下水道は皆さんの快適な生活を支えるため、昭和48年から事業に着手しています。公共下水道管及びマンホールは道路内に設置されています。また、公共汚水桝は民地内に設置されています。この民地内に設置された公共汚水桝については市が適切な管理につとめておりますが、破損・陥没・ズレなどが発生するおそれがあります。歩行中くれぐれも転倒や事故が起きないように注意して下さい。

もし、次のような異常を発見されましたら、お手数ですが施設課下水道係にご連絡下さい。また、不要になった公共汚水桝は速やかに廃止届を提出して下さるようお願いいたします。

  • マンホールや公共汚水桝の「ふた」がこわれている。
  • マンホールや公共汚水桝の「ふた」がズレていたり、ガタついて音がしている。
  • マンホールのまわりの舗装が陥没している。