ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 建設部 > 都市計画課 > 都市構造再編集中支援事業・都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)について

本文

都市構造再編集中支援事業・都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)について

記事ID:0001292 更新日:2021年5月25日更新 印刷ページ表示

都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。
本制度は、平成16年度に「まちづくり交付金」制度として創設され、平成22年度からは「社会資本整備総合交付金」に統合、同交付金の基幹事業である「都市再生整備計画事業」として位置づけられました。令和2年度には制度再編が行われ、都市再生整備計画に位置づけられた事業のうち立地適正化計画に基づく事業に対して総合的・集中的な支援を行う個別支援制度「都市構造再編集中支援事業」が創設されました。

制度概要

(1)都市再生整備計画の作成・事前評価

地域の特性を踏まえ、まちづくりの目標を実現するために実施する各種事業等を記載した都市再生整備計画を作成します。また、事前評価において、計画の妥当性、効率性、実現可能性を確認します。

(2)事業の実施

都市再生整備計画に基づき、まちづくりの目標達成に必要な事業を実施します。国からは、計画に位置づけられた各種事業を実施するための費用に対して、一定の割合で年度ごとに交付金が交付されます。

(3)事後評価

都市再生整備計画の最終年度に、目標の達成状況等に関する事後評価を実施、今後のまちづくりの方策等を明らかにし、その結果を公表します。なお、事後評価段階で目標を達成できなかった事業については、翌年度以降にフォローアップを行います。

(4)必要な改善策の実施

事後評価結果を踏まえ、新たに浮き彫りになった課題への対応策を検討し、今後のまちづくりに活かします。

活用地区

諏訪市では、下記の地区でのまちづくりに活用しています。
※各地区の都市再生整備計画等について、詳しくは下記の関連ファイルをご覧ください。

  • 上諏訪駅周辺地区(事業中)
    「都市再生整備計画」「事前評価シート」
  • 上諏訪・上川流域地区(完了)
    「都市再生整備計画」「事後評価シート」「フォローアップ報告書」

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)