ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 環境課 > アスベスト関連事業補助金(含有調査、飛散防止対策)について

本文

アスベスト関連事業補助金(含有調査、飛散防止対策)について

記事ID:0002108 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

建築物の壁、柱、天井などに吹き付けられたアスベスト等の飛散による健康被害防止のため、アスベストの含有調査及び飛散防止対策事業に補助を実施します。

補助金の概要

下表は概要ですので、 詳細な内容、要件等は必ず添付ファイルの「補助金等取扱基準」でご確認ください。

国と県の補助金を活用しますので、それらの状況によっては、補助を活用できない場合、希望する時期に補助を活用できない場合等もあります。

項目 含有調査事業補助金 飛散防止対策事業補助金
対象建築物

対象建材(※1)が使用されている市内の建築物

(※1)対象建材・・・吹付け建材のうち、吹付けアスベスト、アスベスト含有吹付けロックウール、吹付けバーミキュライト及び吹付けパーライト等のアスベスト含有の恐れがあるもの。

多数の者が利用する市内の建築物で、多数の者が共同で利用する部分に露出している吹付けアスベスト等(※2)があるもの

(※2)吹付けアスベスト等・・・吹付けアスベスト又は吹付けロックウール(含有する石綿の重量が吹付けロックウールの重量の0.1%を超えるものに限る。)

対象者 対象建築物の所有者、管理者又は占有者 対象建築物の所有者、管理者又は占有者で、市税の滞納がない者
対象経費 対象建築物の対象建材のアスベスト含有に関する定性分析及び定量分析に要する経費 対象建築物の多数の者が共同で利用する部分に露出している吹付けアスベスト等の除去工事及び処分の費用。ただし、対象建築物の解体に伴う場合は除く。
補助額 予算の範囲内で、対象経費の10/10以内の額。ただし、上限は25万円。 予算の範囲内で、補助対象経費(上限は除去面積1平方m当たり33,000円)の3分の2以内の額。ただし、1事業所の補助金の合計額の上限は8,000,000円。

手続きの流れ

手続きの流れにつきましては、必ず添付ファイルの「全体の流れ図」をご確認ください。

下記については、特に注意をお願いします。

注意事項1 ▼補助を希望される場合には、必ず個別に補助要件の事前相談を行います。
そのため、必ず補助申請の前に下記の問合せ先までご連絡の上、建築物の図面、現況写真等をお持ちになり、市役所2階環境課までお越しください。
▼事前相談の結果、補助要件を満たしている案件のみ、国や県の補助金の確保の手続きに進みます。
注意事項2 ▼国や県の補助金を確保するため、事前相談から市の交付決定を行うまでに約2ヶ月以上要する場合もあります。また、実績報告書は「事業完了から30日以内」か「年度の2月末日」のどちらか早い方までに提出が必要です。
▼そのため、調査や工事の期間、実績報告書の提出期限を勘案して、早めの事前相談をお願いします。
注意事項3 ▼必ず市の交付決定日以降に契約、着工してください。
交付決定日以前に契約、着工した場合は補助金の対象外になりますのでご注意ください。

問い合わせ先

市民環境部 環境課 環境保全係(内線214,215)

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)