ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > その他 > 地域おこし協力隊 > 地域おこし協力隊 隊員紹介

本文

地域おこし協力隊 隊員紹介

記事ID:0001847 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

諏訪市で活動している地域おこし協力隊をご紹介します!

地域おこし協力隊とは

都市部から地方に移住し、地域の活性化や住民の生活支援などの活動を行い、その地域への定住・定着を図る取り組みです。
現在、全国で5,000人以上が活動しています。

地域おこし協力隊隊員紹介

諏訪市で活動する地域おこし協力隊を紹介します。
まちで見かけたら、気軽に声をかけてみてください。

小幡 寛子(おばたひろこ)隊員 (観光振興)

小幡 寛子(おばたひろこ)隊員 (観光振興)の画像1

小幡 寛子(おばたひろこ)隊員 (観光振興)の画像2

月曜日・火曜日・木曜日・金曜日は観光案内所で日本人や外国人のお客様への案内業務を、水曜日は市役所の観光課で諏訪市観光地の勉強をしています。
私は、旅行・食べ歩き・日本の文化・英語が好きです。2004年にオーストラリアに留学しガストロノミー(美食)学の修士号を取得しました。そして、2017年に英語全国通訳案内士の資格を取得しました。これらが、諏訪市への外国人旅行者数の増加に少しでもお役に立てればと思います。

諏訪市の好きなところ

自然や動物が活き活きとしているところ。諏訪湖、諏訪大社、高島城、諏訪五蔵、霧ヶ峰高原など、何度でも訪れたくなる場所がたくさんあるところ。

市民の皆さんへメッセージ

諏訪市のことをたくさん勉強し、その魅力をSNSや現地案内を通して、たくさんの外国人の方々に伝えていきたいと思います。市民の皆さまから色々教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

塚西 文香(つかにし あやか)隊員 (駅前交流テラスすわっチャオ 企画運営係)

塚西 文香(つかにし あやか) 隊員 (駅前交流テラスすわっチャオ 企画運営係)の画像

駅前交流テラスすわっチャオで、受付や電話対応、イベント企画に携わっています。また、 #諏訪市地域おこし協力隊でフェイスブックも積極的に更新中です。
私は、東京都出身で4歳から水泳をはじめて高校まで競技をし、大学から社会人5年目まで水球で日本一を目指して活動、昨年までは都内でインストラクターとして水泳・運動指導をしていました。大学では、中学・高校の体育教諭免許を取得。
諏訪市には祖父母の家があり、幼少期からゆかりのある場所でした。その祖父母の家を拠点に、いままでの経験を活かし諏訪市を活性化するお手伝いが出来ないかと思い、移住してきました。
任期後の起業を目標に、まずは諏訪を知り、すわっチャオを拠点に市民の方々との関係を深め、次に市民の方々が求めるものに沿った起業のありかたを模索していきたいと思っています。

諏訪市の好きなところ

  • 大きく深呼吸したくなるような、広い空と緑に囲まれた環境、さらに“諏訪湖”と自然が豊かなところ。トレーニングジムに行かなくても自然の中で身体を思いっきり動かせるところ。諏訪湖サイクリング、立石公園への散歩などを楽しんでいます。
  • 人が本当に優しくて穏やかな方ばかりだと感じます。横断歩道で車が止まってくれたり、挨拶をしてくれる、近所の方が優しく話しかけてくれて色々教えてくださるところなどです。

市民の皆さんにメッセージ

まずは諏訪の魅力をたくさん肌で感じて、また市民の方々と関わりをもつ中で必要とされていることに力を注ぎ、地域と一体となって諏訪の活性化を目指していきたいと思います!すわっチャオで見かけたら、ぜひ声を掛けてくださいね♪

石田 名保子(いしだ なほこ) 隊員 (駅前交流テラスすわっチャオ 企画運営係)

石田 名保子(いしだ なほこ) 隊員 ( 駅前交流テラスすわっチャオ 企画運営係)の画像

2019年5月に上諏訪駅前アーク諏訪3階にオープンした“あつまる!つながる!はじまる!”を応援する多機能・多世代・多目的を備えた施設、駅前交流テラス「すわっチャオ」で働いています。
これまでは市民会館や文化会館などに勤務し、落語会や音楽会などの企画に携わってきました。経験を活かして、「すわっチャオ」が皆様に愛していただける、より魅力的な施設になるお手伝いができればと思っています。

諏訪市の好きなところ

諏訪湖や霧ヶ峰高原など、自然がすぐそばにあるのが子育て中の身としては嬉しいです。御柱祭、高島城や諏訪五蔵など伝統ある文化にも惹かれています。

市民の皆さんへメッセージ

市民の皆さまから色々教えていただき、諏訪市の奥深い魅力を感じていきたいです。「すわっチャオ」が地域の皆様に寄り添った、たくさんの活動の拠点に育っていけるように頑張ります!どうぞ、よろしくお願いいたします。