ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

諏訪湖間欠泉センター

記事ID:0004441 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

間欠泉と七つの温泉の湧出口を模した「七ツ釜」から漂う湯けむりを楽しめます。
2階「諏訪のロケ地レビュー展」には諏訪地方で行われた映画・ドラマの撮影地の紹介や小道具を展示しています。
展望のよい3階「花火館」には「諏訪湖の花火」がわかる写真や資料を展示しています。

諏訪湖の間欠泉の画像

諏訪湖の間欠泉

新型コロナウイルス感染対策実施中

ご来館の皆さんには、検温、マスク着用、手指消毒にご協力いただきますようお願いいたします。
また、密を避けるため入館人数を制限する場合があります。

【臨時休館のお知らせ】

 長野県から発信された「命と暮らしを救う集中対策期間」を受け下記の日程にて臨時休館させていただきます。なお、間欠泉の噴出は行います。ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。

 2021(令和3)年9月3日(金曜日)~9月12日(日曜日)

とろっとろの黄身がおいしい温泉たまご!

 「温泉たまご」づくり体験をしてみませんか!

 八ヶ岳清里農場産の新鮮なたまごを使い、温泉たまごができるまでの時間は約20分です。
 味が濃いと評判の「温泉たまご」是非お試しください。

温泉卵体験写真

間欠泉噴出時間

2009(平成21)年10月1日より


9時30分
11時00分
12時30分
14時00分
15時30分
17時00分(4月~9月のみ)

間欠泉センターの歴史

 温泉掘削中の1983(昭和58)年に間欠泉が噴出し、この間欠泉を観光利用する目的で1990(平成2)年に間欠泉センターが開館しました。
 噴出当初は高さ50メートルまで自噴し、世界第2位の高さとうたわれましたが、次第に間欠泉の自噴間隔が長引くようになり、やがて自噴が止まってしまいました。
 現在はコンプレッサーで圧縮空気を送り、上部の冷えた温泉を取り除くことにより、間欠泉を噴出させています。
 このため現在の噴出高は5メートル程に留まっています。
 あらかじめご承知のうえ、見学してくださいますよう、よろしくお願いいたします。

営業日時

 年中無休(※ただし、毎年8月15日、9月第1土曜日は休館)

 4月~9月:9時00分~18時00分
 10月~3月:9時00分~17時00分

入館料

 無料
 ※団体で利用する方は、事前にご連絡をお願いします。

交通・駐車場

電車・徒歩  

JR中央本線 上諏訪駅下車、徒歩13分

車       

中央自動車道 諏訪ICより車で18分

 間欠泉センター前の道路向かいに、普通車約50台駐車可能な専用駐車場がございます。
 中・大型バスも駐車可能です。
 料金・予約等はございません。譲り合ってご利用ください。

館内ご案内

1階:売店、休憩所

1階『売店』の画像
1階『売店』

温泉たまご販売中!ほのかに温泉の香りがする温泉たまご(かたゆで)です。
また、温泉たまごづくり体験(所要時間20分程度)ができます。

2階:諏訪のロケ地レビュー展

2階『諏訪のロケ地レビュー展』1の画像
2階『諏訪のロケ地レビュー展』1

2階『諏訪のロケ地レビュー展』2の画像
2階『諏訪のロケ地レビュー展』2

2階『諏訪のロケ地レビュー展』3の画像
2階『諏訪のロケ地レビュー展』3

これまで諏訪地方で行われた映画やドラマ・Cmなどの撮影に関わる、出演者のサイン色紙や台本・セットなどを展示しています。
皆さんが好きなあの俳優・女優さんも諏訪に訪れていたことに驚きと感動でいっぱいになることでしょう。
是非、足をお運び下さい!

3階:展望室、花火館

3階『花火館』の画像
3階『花火館』

諏訪湖の花火の歴史や規模を知ることができる写真、花火玉の模型などを展示。
また諏訪湖を一望できるデッキがあります。

お問い合わせ先

諏訪湖間欠泉センター
電話番号:0266-52-8282
Fax:0266-52-8282


地域ブランド<外部リンク>
諏訪市の紹介