ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

産婦健康診査事業について

記事ID:0042544 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

産婦健康診査の助成を行います。

産後のお母さんは体も心も疲れている方が多いのではないでしょうか。
諏訪市では、出産後間もない時期のお母さんのための産婦健康診査の費用の一部を助成し、子育て期の母子を支援します。

対象

  • 受診日に諏訪市に住民票がある、出産(流産および死産も含まれます)された産婦

受診時期と健診内容

  • おおむね産後2週間および産後1か月の2回

内容

  • 問診・診察・体重・血圧測定・尿検査・こころの健康チェック

助成内容

  • 健診1回につき上限額5,000円

*ただし、上記以外の検査、治療、投薬等については公費助成対象外です。
公費助成額5,000円を上回った場合、差額分は自己負担となります。

受診票の交付

  • 妊娠届の際に交付します。

受診方法

  1. 県内産科医療機関または助産所に予約
    *一部の医療機関及び助産所では受診できないことがありますので、事前に受診を希望する医療機関等にご確認ください。
  2. 受診前に、受診票の両面太線枠内を記入
  3. 「諏訪市産婦健康診査受診票」と「母子健康手帳」を提出して受診

長野県外で受診される方へ

  • 里帰り等により長野県外の医療機関等で受診する場合は、左下、関連ファイル「産婦健康診査を長野県外の医療機関等で受診する方へ」をご確認いただき、同ファイル2ページ目の「医療機関の方へ」を提示し、予約・受診してください。
  • 費用は自己負担となりますが、後日申請をしていただくことで助成額をお返しすることができます。

 

  〇持ち物

  • 記入済の「産婦健康診査県外受診補助金交付申請書」の用紙
  • 病院の印をついた「産婦健康診査受診票(補助券)」 ※病院の印がないと、受付ができません。
  • 上記診査にかかった領収書

 

  *必要書類は、産婦健康診査(2回以内)終了後90日以内にご提出ください。

  *諏訪市外に住民票を移した後に受診した場合は、このサービスを受けられません。
   新しい住所地の市町村へお問い合わせください。

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


jiyuu_img1

jiyuu_img2