【注意喚起】キャッシュカード等をだまし取る特殊詐欺について

【注意喚起】キャッシュカード等をだまし取る特殊詐欺について

最終更新日:2017年8月4日(金曜日) 16時13分 コンテンツID:2-4-28-9063

【キャッシュカードや通帳をだまし取られる詐欺が連続発生しています】

長野県内で 郵便局員や警察官、商業施設や家電量販店の従業員等を名乗る者から電話があり、 キャッシュカードや通帳をだまし取られる被害が連続発生しています。
3月には諏訪市内でも、郵便局員等をかたる男にキャッシュカードを渡してしまう被害が発生しています。
郵便局員や警察官等が 通帳やキャッシュカードを預かったり、暗証番号を聞くことはありません。決して渡さないでください。

☆電話の内容は様々です。
郵便局員などを名乗って
「郵便局員と市役所職員等が組んで、他人の保険証を使って口座を作っています。」「あなたの後期高齢者医療被保険者番号は、○○ですよね。」などと、どこからか入手した個人情報を告げて信用させようとするもの。
家電量販店の従業員等を名乗って
「あなたに頼まれたと言ってクレジットカードで買い物をしようとしている人がいる。」「当店で、あなたのカードを使って貴金属を購入した女性の様子がおかしかったのでカードを調べています。警察から連絡がいくかもしれません。」などという新手の手口もあります。

その後、警察官を名乗る者から「カードが偽造されている」「これからキャッシュカードを受け取りに行きます。」などと電話がかかってきます。

◆犯人は、後期高齢者医療被保険者証等の被保険者番号、通帳やキャッシュカードの番号等を何らかの方法で把握している場合があり、身分を信用させるため、これらの番号を告げることがありますが、絶対に信用しないでください。
◆相手が警察官や公的機関の職員を名乗っても、絶対にキャッシュカードや通帳、現金を渡さないでください。
◆暗証番号は誰にも教えてはいけません。
◆ご家族や知り合いにも注意を呼び掛けてください。

このような電話があったら詐欺を疑い、諏訪市消費生活センターか警察までご相談ください。

関連ファイル

くらしの分類

くらしの情報

消費生活センター

情報発信元

市民課 市民窓口係 
電話番号:0266-52-4141(116)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る