諏訪湖SAへのスマートIC計画について

諏訪湖SAへのスマートIC計画について

最終更新日:2017年3月6日(月曜日) 17時00分 コンテンツID:2-7-84-8476

諏訪湖SAへのスマートIC計画について



諏訪市、岡谷市では、諏訪湖 SAへのスマート IC設置に向けた検討を重ねております。

この計画は諏訪市と岡谷市の行政界をまたぐ事業であり、高速道路へのスマート IC設置による新しい「出入り口」をつくることで、高速道路の利便性の向上や観光振興、地域経済の活性化など、諏訪湖周の将来に関わる重要な計画であります。

このたび、関係機関との協議検討を重ね、行政としての計画案を提示できる段階に至ったことから、平成29年2月20日、金子諏訪市長及び今井岡谷市長同席のもと、地元区である諏訪市有賀区と岡谷市小坂区との合同で区民説明会を開催いたしました。


合同区民説明会に至るまでの経過について

諏訪湖 SAへのスマート IC計画について、諏訪市有賀区では、関係役員を中心に、スマート ICの検討などを行ってまいりました。
また、岡谷市小坂区では、小坂区諏訪湖 SAスマート ICに関する研究・検討委員会を立ち上げ、約 1年間にわたりスマート ICの検討などを行ってまいりました。
以上の経過も踏まえ、行政では関係機関との協議検討を重ね、今回の合同区民説明会開催の運びとなりました。


両市長のあいさつから
 






金子ゆかり
諏訪市長

・諏訪湖SAへのスマートICの設置事業につきましては、北の新幹線、南のリニア新幹線といった超高速の鉄道が
整備されていく中で、諏訪圏域の住民の皆さんの一時交通の観点から、様々な検討の末に出てきた課題であります。

・21世紀後半に向けて、この整備事業効果をいかに後世へ残していくかということを考えますと、災害時の緊急輸
送路、地域の経済や観光の振興、地域住民の皆さんの利便の向上という側面からも、何とか良いものを残していき
たいという思いがございます。

・諏訪湖SAへのスマートIC計画は諏訪湖周辺地域の将来の発展にとって、極めて重要な事業と考えておりますので、
皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
 



今井竜五
岡谷市長

・諏訪湖SAに接続するスマートICの計画は、岡谷市と諏訪市が行政界を超えて連携・協力し、国及び長野県のご
支援をいただくとともに、何より地域の皆様のご理解、ご協力をいただきながら進める事業であります。

・当地区の利便性の向上や諏訪湖周全体の将来の発展にとって、極めて重要な事業であると考えておりますので、こ
の事業の推進と地域の振興にお力添えいただきますことを重ねてお願い申し上げます。
 


提示資料
 
資料1
諏訪湖SAへのスマートIC整備における広域的な検討
資料2
諏訪湖SAへのスマートICの整備により期待される効果
資料3
諏訪湖SAへのスマートインターチェンジ計画案
・スマートICを整備することで、既存の高速
道路の有効活用や使いやすさを向上させ、地
域生活の充実や地域経済の活性化を推進する
ため、各地で事業を計画し、実施されていま
す。
・現在、中央自動車道では、諏訪湖SAへのス
マートICを含み、7箇所でスマートIC整
備が事業中または計画中です。
・諏訪湖SAに計画しているスマートICまで
の距離は、岡谷ICから約7.9km、諏訪
ICから約5.9kmの所に位置していま
す。
・諏訪湖SAへのスマートICの整備により、
地域交通の利便性向上と観光や物流等の地域
産業の活性化、諏訪湖周及び諏訪・岡谷IC
周辺道路の交通量減少、大規模災害の対応及
び緊急輸送路の強化、リニア駅活用による
広域交通の拡大などの効果が期待されます。
・諏訪市、岡谷市が国土交通省、NEX
CO中日本などと検討した、諏訪湖S
AへのスマートIC計画案です。
・図面の赤色の丸は、諏訪湖SAへの
スマートICのアクセス道路となって
います。現時点では、機略の道路計画
であり、赤色の丸は、およそ直径50
mとなっています。
・図面のオレンジ色の丸は、赤色の丸の
アクセス道路から高速道路のETCゲ
-トを繋ぐアプローチ道路となって
います。
資料4
諏訪湖SAへのスマートIC計画比較検討経過資料1
資料5
諏訪湖SAへのスマートIC計画比較検討経過資料2
 
・A案(資料3の計画案)の他に、複数の案を
検討してまいりました。
・B案は、石舟渡の交差点を起点に中央自動車
道沿いを通過し、諏訪辰野線に接続するルー
ト案です。
・C案は、豊田小学校西の交差点を起点に、諏
訪辰野線に接続するルート案です。
・資料4の3案について、資料5は様々な観点
から比較検討を行った経過です。各評価項目
において着色してある箇所は、他案より優れ
た項目となっています。
・比較表の下段には、スマートIC整備に伴い
想定される影響や課題を、大きく6つに分け
て示しています。
 


 

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

建設課 工事係 
電話番号:0266-52-4141(247)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る