諏訪市推せんみやげ品 新証票デザインが決定しました!

諏訪市推せんみやげ品 新証票デザインが決定しました!

最終更新日:2015年11月6日(金曜日) 10時57分 コンテンツID:2-6-74-6965

市では、商工業の振興と観光事業の発展を目的として、「諏訪市みやげ品推せん条例」により優良なみやげ品を登録・推薦しています。
この度PRの一環として、推せんみやげ品に認定されたみやげ品に貼付するための証票のデザインを半世紀ぶりに見直しました。
6~8月の期間で公募したところ、全国各地から517作品(市内からの応募22作品)の応募がありました。多くのご応募ありがとうございました。

9月30日に、市長、諏訪市みやげ品審査会委員に加え、デザインの専門家として長野県地域資源製品開発支援センター 五味英紀プロデューサー、長野県デザイン振興協会 辻圭介理事を招き、10人の審査員で証票デザイン審査会を開催しました。
厳正なる審査の結果、 京都府京都市在住の谷口征嗣さん(ホルム・デザイン株式会社 代表取締役)の作品を採用作品として決定しました
新証票(下記画像)は、諏訪市のシンボルとも言える諏訪湖をベースに、高島城と国内最大級と呼ばれる花火がデザインされ、外国人のために英文も追加されています。

新証票デザイン


佳作には次の5人が入賞しました。
・森田克二さん(千葉県千葉市)
・諫武朋枝さん(東京都小金井市)
・宮川ヒロミさん(長野県北佐久郡軽井沢町)
・加藤明さん(愛知県瀬戸市)
・宇良貴志さん(東京都世田谷区)

11月4日には市役所で表彰式を開催しました。受賞した谷口さんは「第一に諏訪湖というイメージでした。そこに浮城と言われた高島城などを添えてデザインしました。今後シールとして使っていただけるということで光栄です」と話していました。

なお、新証票は12月から使用を開始します。平成28年3月31日までは旧証票も使用可能とし、4月に新証票に全面移行となります。
 



以下は実施した公募の内容です(募集は終了しています)。

○募集期間
平成27年6月1日(月)~ 8月31日(月)(必着)

○入賞作品の種類及び賞品
・最優秀(採用作品)…1点:賞金10万円
・優秀…5点以内:1万円相当の諏訪市推せんみやげ品

○応募資格
どなたでも応募可能。複数応募も可能ですが、1作品につき応募用紙1枚としてください。

○募集内容
・諏訪市推せんみやげ品の証票のデザイン
1.諏訪市が推せんするみやげ品に貼付するデザインとしてふさわしいものとしてください。
2.次の 2つの単語を入れてください
なお文字サイズや配置場所は問いませんが、可読なものとしてください。
(1)「諏訪市」 (2)「推せん」、「推薦」または「推奨」
3.色数は自由ですが、拡大縮小・単色での使用も考慮してデザインしてください(証票の大きさは2~3cm程度を想定しています)。

○提出物
・公式ホームページからダウンロードした 応募用紙
作品…次の要件を満たす デジタルデータでのみ受け付けます
1.ファイルサイズ:4MB以内
2.形式:A4サイズとし、JPEG、GIF形式のいずれか
※採用となった場合に元データがある場合は提出してください。

○応募方法
・持参の場合:諏訪市役所4階 商工課
・郵送の場合:〒392‐8511 長野県諏訪市高島1‐22‐30 諏訪市役所商工課 宛
・電子メールの場合:syoukou@city.suwa.lg.jp まで
※持参・郵送の場合、デジタルデータはCD-Rでご提出ください。

○選考及び発表
諏訪市みやげ品審査会委員等で入賞作品を選考し、その応募者に通知します。
また作品、制作者名及び住所(市町村名まで)を広報すわ及び諏訪市HPで公開します。

○注意事項
・応募作品に係る著作権等の一切の権利は、諏訪市役所に帰属します。
・作品は応募者が創作した未公表のものに限ります。
・応募作品は返却しません。
・応募に係る費用はすべて応募者の負担とします。
・採用作品の一部を修正・変更する場合があります。
・応募者の個人情報は、作品の選考及び発表の範囲内においてのみ利用します。
・選考に関するお問い合わせには一切応じられません。
・本規定に取り決めのない事項については、諏訪市役所の判断により決定します。

○参考:現在の証票
現在の証票

関連ファイル

くらしの分類

くらしの情報

観光情報

事業者向け情報

諏訪市観光サイト

情報発信元

商工課 商業振興係 
電話番号:0266-52-4141(431)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る