【SUWAプレミアム情報】「信州高嶋湖水之景」扇子が開発されました

【SUWAプレミアム情報】「信州高嶋湖水之景」扇子が開発されました

最終更新日:2014年8月11日(月曜日) 12時05分 コンテンツID:2-6-4054-6361

信州諏訪の地域ブランド「SUWAプレミアム」において、諏訪市博物館と連携して開発された新商品「信州高嶋湖水之景」(しんしゅうたかしまこすいのけい)扇子が登場しました。

”澄み切った繊細さ”というSUWAプレミアムのコンセプトをベースとして歴史的文化的な価値を織り交ぜて、涼しげな「諏訪の風」をお届けする新商品です。

<概要>
この度、諏訪市博物館所蔵品である江戸時代(天保年間)の肉筆画「信州高嶋湖水之景」を基にした扇子の開発を行い、SUWAプレミアムショップ・SUWAガラスの里店及び諏訪市博物館において販売を開始しました。

「信州高嶋湖水之景」は江戸時代の諏訪湖、高島城、諏訪大社上社、下社、富士山など諏訪地域が網羅された資料であると同時に、上原城物見岩など地元の人しか知らないスポットが描かれる等貴重な資料となっています。

諏訪地域の魅力再発見のきっかけになればと涼しげな「諏訪の風」を演出する扇子に表現しました。


信州高嶋湖水之景」扇子の詳細はこちら。


商品開発のポイントは以下のとおりです。

<商品開発のポイント>
・当該商品は、「SUWAプレミアムショップ」(SUWAガラスの里・中央自動車道諏訪湖SA上り線下り線)の参画企業と諏訪市博物館との連携により誕生している。

・本商品に活用されている「信州高嶋湖水之景」は、当時人気のあった「山(富士山・八ヶ岳)」「湖(諏訪湖)」「城(高島城)」の3点が網羅されている作品となっている。


<「信州高嶋湖水之景」扇子の内容>
(協力)諏訪市博物館、(製作)takajin

(スペック)・サイズ:長さ22cm
・素材:竹・絹
・仕上げ:レーザー加工

(販売先)SUWAプレミアムショップ・ガラスの里店
     諏訪市博物館・ミュージアムグッズコーナー

※平成26年8月6日以降プレス掲載
長野日報:扇子あおげば「諏訪の風」(8月6日)

信濃毎日新聞:「湖水之景」題材の扇子完成(8月6日)

日本経済新聞:江戸時代の諏訪描いた扇子発売(8月8日)


<問い合わせ先>
・SUWAガラスの里SUWAブランド推進室 電話 0266-57-2000(代)

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る