ひとり親世帯臨時特別給付金(国事業)について

ひとり親世帯臨時特別給付金(国事業)について

最終更新日:2020年6月29日(月曜日) 13時00分 コンテンツID:2-5-48-15189

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てに対する負担の増加、収入の減少等の困難が生じているひとり親家庭等を支援するため、国の施策として「ひとり親世帯臨時特別給付金事業」が実施されます。

国の制度に基づき下記のとおり実施します。

1.基本給付

児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付(※ 1)
●対象者
次の( 1)から( 3)のいずれかに該当する方
( 1)令和 2年 6月分の児童扶養手当が支給される方
( 2)公的年金等(※ 2)を受給しており、令和 2年 6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方(※ 3)
( 3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方
※ 1・・・児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります。
※ 2・・・遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など
※ 3・・・すでに児童扶養手当受給資格者として認定を受けている方だけでなく、過去に児童扶養手当の申請をしていれば、令和 2年 6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されたと推測される方も対象となります。
●給付額
1世帯 5万円、第 2子以降 1人につき 3万円( 1回限り)
2.追加給付
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付
●対象者
上記、基本給付金対象の( 1)または( 2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方
●給付額
1世帯 5万円( 1回限り)

<手続きのご案内>
給付の種類、支給を受ける方の要件(児童扶養手当を受けているか、公的年金を受けているか等)によって手続きが異なります。
【個別にご案内をお送りします】
諏訪市では、給付金の対象となる方(または対象となる可能性がある方)へ、 7月上旬に詳しいご案内を個別にお送りする準備を進めています。内容を確認のうえ、手続きをお願いします。
個別のご案内は、児童扶養手当を受給されている方のほか、ひとり親家庭としてこども課で登録手続きをされたことがある方にお送りします。ひとり親家庭の登録をしたかどうかわからないなどご不明な点はお問い合わせください。
離婚などによりこれからひとり親家庭になる方には、こども課での登録手続きの際に、給付金についてもご案内します。
【臨時相談窓口を設置します】
諏訪市では、 7月8日(水)から市役所内に臨時相談窓口を設置します。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から予約制とさせていただきます。 7月1日(水)から相談予約受付を開始します

臨時相談窓口:令和 2年 7月 8日(水)~令和 3年 2月 26日(金)予定
午前 9時から午後 5時まで(市役所開庁日) 予約制
7月 1日(水)から相談予約を受け付けます。

相談予約先:諏訪市役所 こども課 子育て支援係(すわ☆あゆみステーション内)
0266-52-4141(内線445・448)午前 8時半から午後 5時 15分まで
 

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

こども課 子育て支援係 子育て支援係
電話番号:0266-52-4141(448)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る