特別定額給付金について

特別定額給付金について

最終更新日:2020年5月29日(金曜日) 12時28分 コンテンツID:2-3-17-14711

令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。
この事業について、以下のとおり申請方法等をご案内します。



特別定額給付金についての手話言語動画を用意しています。以下をご覧ください。
「1人10万円給付について(新型コロナ対策特別定額給付金)」(長野県聴覚障がい者情報センターリンク)


【問い合わせ先】
諏訪市定額給付金対策チーム
 

給付対象者及び受給者について

( 1)基準日(令和2年4月27日)において、諏訪市の住民基本台帳に記録されているすべての方が対象になります。
※外国人登録されている方も対象になります。(但し、短期滞在者、不法滞在者は対象外)
( 2)申請者および受給権者は、その者の属する世帯の世帯主になります。
 

給付額について

給付対象者1人につき、10万円を支給します。
※申請内容に不備がなければ、申請書受領後 1週間~ 2週間程度で支給となります。

 

申請方法について

(1)郵送申請
5月22日(金曜日)から順次、申請書を世帯主に送付します。
手元に届いた申請書に記入し、必要な書類をそろえた上で返送をお願いします。
→5月28日(木曜日)に諏訪市内の配達は完了しました。届かない場合はお問い合わせください。

受付期間:5月22日(金曜日)~8月24日(月曜日)

代理申請(受給)について
本人による給付金の申請や受給が困難な場合のみ、対象者本人に代わり、給付金の代理申請や受給ができます。
代理申請(受給)を行う場合は、申請書の【代理申請(受給)を行う場合】にご記入ください。
なお、代理申請に当たっては、本人と代理人との関係を説明する書類の添付(※)が必要となります。
◆代理申請ができる者
(1)2020年4月27日(月曜日)時点での世帯構成者
(2)法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び補助人など)
(3)親族その他の平素から受給対象者本人の身の回りの世話をしているもの等で市が特に認める方(民生委員・自治会長等)

(※)
法定代理人:戸籍謄本・登記事項証明書・後見選任の審判書の謄本または代理権付与の審判書の謄本のうち、代理権を確認できる書類の写しと身分証明書の写し
民生委員・自治会長:民生委員または自治会長であることが確認できるものと身分証明書の写し
世帯構成者以外の親族:世帯主の方との関係を証明できる戸籍謄本等と身分証明書の写し
別世帯の親子:親子関係を証明できる子の戸籍謄本(詳しくは市民課戸籍担当へお問い合わせいただき、利用目的を伝えてください。)

障がいや高齢等の理由により、世帯主の記入が困難な場合は、代筆用の委任状をご利用ください。
代筆用委任状(PDF)


(2)オンライン申請
マイナンバーカードをお持ちの世帯主の方は、インターネットの「マイナポータル」から申請ができます。
※世帯主以外のご家族の方がマイナンバーカードを持っている必要はありません。
※この申請方法では、代理申請はできません。代理申請を行いたい場合は、(1)郵送申請にて申請をお願いします。
※申請の際には、マイナンバーカード交付時に設定した署名用電子証明書の暗証番号が必要です。
※マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、ICカードリーダライタ(パソコンの場合)またはカード情報を読取り可能なスマートフォンが必要です。
※申請の流れ、対応しているスマートフォン等については、総務省のホームページをご覧ください。


【諏訪市用】マイナポータル申請フォーム(リンク)
総務省特別定額給付金特設ページ(リンク)

上記の総務省特設ページで、申請手順の動画を公開しています。
動画PDF (パソコンの場合)
動画PDF (スマートフォンの場合)

受付期間:5月11日(月曜日)~8月24日(月曜日)
 
<市民課窓口でのマイナンバーカード交付申請や暗証番号再設定について>
 マイナンバーカードの交付につきましては、現在大変混み合っているため、申請から交付まで2ヶ月程のお時間をいただいております。
従いまして、この時期に申請いただいてもすぐにはマイナンバーカードをお届けすることができませんので、お急ぎで特別定額給付金を申請する方は、オンラインではなく郵送にて申請いただくようお願いいたします。
 既にマイナンバーカードをお持ちで特別定額給付金を申請する方で、設定した暗証番号がわからない方は、窓口で暗証番号の再設定が必要となりますが、再設定につきましても大変混み合っているため、ご案内までにお待ちいただくことになりますがご承知いただきますようお願いいたします



(3)緊急のための先行申請(生活に困っており、早急な申請を行いたい場合のみ)

先行申請の受付は終了しました。

受付期間:5月11日(月曜日)~5月21日(木曜日)※(1)郵送申請送付の前日まで

 

配偶者からの暴力を理由に避難されている方へ

<配偶者からの暴力を理由に避難している方>
配偶者からの暴力を理由に避難している方で、基準日(令和2年4月27日)以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、 所定の手続きをしていただくと、世帯主でなくとも同伴者の分を含めて特別定額給付金の給付金を受けることができます
※関連ファイルから本件に関する資料をダウンロードできます。

【対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件】
次の 1~3のいずれかに該当する方
1.配偶者暴力禁止法に基づく保護命令を受けていること
2.婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談センター、市町村等)の確認書が発行されていること
3.令和2年4月28日以降に住民票が今お住いの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

【申請日】
令和2年4月24日(金)、4月27日(月)、4月28日(火)、4月30日(木)
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
※4月30日を過ぎても「申出書」を提出することはできます。

【申請に必要なもの】
「申出書」と「証明書等の書類」が必要です。
<申出書>

申出書
<下記のうちいずれかの「証明書等の書類」>
●婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書
●市町村が発行するDV支援措置対象者であることが確認できる書類
●保護命令決定書の謄本又は正本
※同伴者がいる場合には、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
詳しくは 市民課市民係へお問い合わせください。

【「申出書」のダウンロード】
本ページ下部にある、関連ファイル 「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」をダウンロードしてご利用ください。
※「申出書」は、配偶者からの暴力を理由に逃避していることを申し出るものです。

【本件に対する問合せ】
市民課市民係電話:0266-52-4141
 

国からの情報について

総務省は、特別定額給付金に関する問い合わせに対応するため、「コールセンター」を設置しています。

「コールセンター」
【電話番号】 0120-260020
【応対時間】 09時00分~18時30分(土、日、祝日含む)


詳細は、 総務省特別定額給付金特設ページをご覧ください。
上記の内容を含むその他の支援策については、 首相官邸「生活と雇用を守るための支援策」をご覧ください。

 

給付を装った特殊詐欺等に注意してください

特別定額給付金の給付をかたった不審な電話等がありましたら、お近くの警察署へご連絡ください。
給付金の詐欺に注意!!

 

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

企画政策課 スマート化推進係 
電話番号:0266-52-4141(323)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る