豚コレラによる死亡野生イノシシの情報提供のお願い等について

豚コレラによる死亡野生イノシシの情報提供のお願い等について

最終更新日:2019年8月5日(月曜日) 21時23分 コンテンツID:2-6-78-11955

山林などで死亡している野生イノシシを発見した場合には、豚(とん)コレラに感染の疑いがありますので、農林課まで情報提供をお願いします。

令和元年7月8日に、長野県木曽町で死亡野生イノシシより豚コレラの感染が確認されて以来、県内で感染が拡大しております。
周辺市町村では、7月20日に塩尻市にて、8月2日には辰野町にて感染が確認されました。
今後、諏訪市内にも感染が及ぶ恐れがありますので、以下について、ご理解とご協力をお願いいたします。

○死亡しているイノシシを発見した場合は


死亡イノシシを発見した場合、触らずに、農林課へご連絡ください。
発見した場所、外傷の有無等の情報提供をお願いします。

○山林に入る際には
豚コレラウイルスは、イノシシのフンなどに混ざっているため、靴底や衣服、車のタイヤに付着した土などで運ばれる恐れがあります。
感染拡大を防ぐため、下山後は、靴底などの泥をよく落としてください。
下山後1週間程度は、養豚場へ近づかないでください。

また、市では、猟友会へ要請し、感染拡大を防ぐために有賀峠周辺等で罠によるイノシシの捕獲を強化しております。
山林で罠設置の注意看板などを見かけた際には、近づかないようご協力ををお願いします。

○豚コレラについて
豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。 
また、豚コレラに感染した豚の肉が流通することはありません。
 

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

農林課 農業振興係 農業振興係
電話番号:0266-52-4141(411)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る