ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画部 > 地域戦略・男女共同参画課 > 【地域戦略プラットフォーム】民間事業者との連携による新事業創出について

本文

【地域戦略プラットフォーム】民間事業者との連携による新事業創出について

記事ID:0001824 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

図地域戦略プラットフォームの流れの画像

図地域戦略プラットフォームの流れ[その他のファイル/43KB]

諏訪市企画部地域戦略・男女共同参画課では、「移住促進」「ふるさと寄附金」「地域公共交通」のため、民間事業者・団体とのコラボレーションによる新事業創出のご提案を募集しております。

1.「地域戦略プラットフォーム(公民連携事業)」について

  • 地域戦略プラットフォームでは、民間事業者の皆様からの、「移住促進」「ふるさと寄附金」「地域公共交通」に関する公民連携に関するご提案を受け付けております。
  • 地域戦略・男女共同参画課では、行政と民間事業者が互いに対話を進め、新たな事業機会の創出と社会的課題解決に取り組むために、民間事業者・団体の皆様からの「移住促進」「ふるさと寄附金」「地域公共交通」のご提案を受け付けております。

2.地域戦略プラットフォームの試行実施について

  • 「地域戦略プラットフォーム」は、諏訪市から民間事業者の皆様へ「移住促進」「ふるさと寄附金」「地域公共交通」の3テーマに対する公民連携事業の提案やアイデア等を募集する仕組みです。
  • 募集中のテーマ内容は以下詳細をご確認ください。

募集テーマ

(1)移住定住の促進につながる提案

提案対象事業の概要

  • 諏訪市への移住や交流人口の増加による地域活性化を図るため、諏訪圏移住交流推進事業連絡会と連携して、移住相談セミナーや物件見学ツアーなどのイベントを実施しています。
  • また、楽園信州推進協議会への参画や、ふるさと回帰フェアにおいて諏訪市のPRを行うことで移住希望者への相談対応やプロモーション活動を推進しています。
    <参考>諏訪市公式ホームページ(諏訪市への移住定住サポートサイト)

提案を希望する内容

  • 移住定住の促進に係る課題を解決する提案全般、自社の企画・協力により移住希望者サポートに資する提案全般を募集します。

提案募集期間

  • 随時

(2)ふるさと寄附の制度を活用した地域活性化につながる提案

提案対象事業の概要

  • 諏訪市を応援したい、諏訪市に貢献したいとの思いを実現することを主として設けられた寄附金税制を活用し、寄附による税収増加と返礼品購入による地域活性化を図るため、積極的に寄附を募っています。
  • また、当市の産業(製造業、農林漁業、観光等)を象徴するお礼の品(諏訪市推せんみやげ品、SUWAプレミアム、諏訪野菜ブランディングプロジェクト等)の価値を可視化し、寄附金を活用した取り組みをプロモーションすることでファンに訴求し、寄附金額の増加を目指します。
    <参考>諏訪市公式ホームページ(信州諏訪ふるさと寄附金)

提案を希望する内容

  • 「信州諏訪ふるさと寄附金」に係る課題を解決する提案全般、自社の企画・協力により寄附金や諏訪市の魅力発信に資する提案全般を募集します。

提案募集期間

  • 随時

(3)かりんちゃんバスを通じた地域活性化につながる提案

提案対象事業の概要

  • 「かりんちゃんバス」は、市が運行しているコミュニティバスです。1999年9月から運行が開始され、市民の通勤・通学・買い物・通院や、観光客への利便性向上等を目的として、年間約12万6千人の方にご利用いただいております。市内で6路線が走っていて、地元のアルピコ交通(株)、諏訪交通(株)、第一交通(株)が委託を受けています。運賃は、大人150円、小児80円。回数券や一日乗車券などもあります。
  • 近年の利用者数の減少と運行経費が増加傾向にあることから、安定的に利用者数を確保する方策が求められる状況にあります。
    <参考>諏訪市公式ホームページ(かりんちゃんバスの路線図、時刻表等)

提案を希望する内容

  • 「かりんちゃんバス」の運行に係る課題を解決する提案全般、自社の企画・協力により「かりんちゃんバス」の利便性向上・運行支援等に資する提案全般を募集します。

提案募集期間

  • 随時

提案にあたっての留意点

  1. 個人(個人で事業を営む方を除く)からのご提案は受け付けません。
  2. 次の内容が認められる場合は対話の継続及び実現化ができません。
    • 法令や公序良俗に反する場合
    • 諏訪市の施策に反するまたは抵触する場合
    • 政治的・宗教的内容にかかる場合
    • 公共性・公平性に問題がある等、行政が連携を行うにあたりふさわしくない場合
  3. 契約の相手方を公募するものではありません(契約を行う場合は別途の手続きによります、また、あらためて契約のための公募等を実施する場合もあります)。
  4. 提案内容により、ご提案者との対話・調整を行わない場合もあります。
  5. 提案内容・対話の結果によっては実現ができない場合もあります。
  6. 提案の結果(提案・採用件数、提案の概要等)については諏訪市ホームページで公表します。
  7. 提案及び調整を行うためにかかるコスト(企画費用や打ち合わせ等の交通費等)及び実現不可の場合の賠償・費用補填は、一切諏訪市は負担しません。
  8. 対話の結果、あらためて公募等の手続きを行う場合があり、その際に、当市が得た情報の全部又は一部を利用し、公募等のための仕様を作成する可能性があります。ただし、提案者独自の権利やノウハウ等について、提案者から利用を希望しない旨を、諏訪市に明示されたものについては、その利用につき協議をします。

※地域戦略プラットフォームの提案シートについては、添付ファイルをご確認ください。

関連リンク

関連ファイル