ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 秘書広報課 > 「推計人口」と「登録人口」の違いは何ですか?

本文

「推計人口」と「登録人口」の違いは何ですか?

記事ID:0001048 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

「推計人口」は国勢調査、「登録人口」は住民基本台帳を基にしています

 「推計人口」とは、5年に1度行われる国勢調査から得られた人口を基に、その後の毎月の住民基本台帳の異動を加減したものです。

 「登録人口」とは、住民基本台帳に登録されている住民の数です。

 両者には現在約1,000人程度の乖離があります。
 これは、国勢調査では「実際にそこに住んでいる人」を対象とするのに対し、住民基本台帳は「その市町村に登録されている人」であるためです。このため、国勢調査による人口の方が実情をよく反映していると言えます。
 諏訪市の場合、年齢別に両者の乖離の度合いを見てみると、18~22歳近辺が一番大きくなっています。これは、住民登録を変更せずに市外に居住している学生が多いためであると考えられます。

関連リンク

人口と世帯