ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 建設部 > 都市計画課 > 諏訪市空家等対策計画

本文

諏訪市空家等対策計画

記事ID:0001288 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

はじめに

近年、人口減少や核家族化、社会的ニーズや産業構造の変化等を原因として空家等が全国的に増加しています。
これらの空家等の中には、適切な管理が行われていないことで、倒壊や損壊等の保安上や、異臭を放つ等の衛生上、あるいは景観上の問題や市街地の空洞化等の周辺住民に深刻な影響を及ぼします。

このようなことから、国において「空家等対策の推進に関する特別措置法<外部リンク>(平成27年5月26日全面施行)」が制定され、自治体が空家等の対策に取り組むための法的根拠が整備されました。

諏訪市においても、平成27年度に空き家等の実態調査を行い、その調査結果に基づいて、空き家と思われる建物の所有者等に対しましてアンケートを行いました。

また、所有者等による適正な維持管理、活用や流通、地域住民に深刻な影響を及ぼす空家等の安全対策や法に基づく指導等を総合的かつ計画的に推進するため、諏訪市空家等対策協議会による専門的、客観的なご意見をお聞きしながら諏訪市空家等対策計画を策定しました。この計画に基づき、空家等に対する対策を進めていきます。

計画期間

平成30年度(西暦2018年)から5年間

諏訪市空家等対策計画

計画本文、計画概要につきましては、以下の関連ファイルよりをご覧ください。

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)