ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 建設部 > 建設課 > 湖岸中門橋架け替え工事を進めています

本文

湖岸中門橋架け替え工事を進めています

記事ID:0004557 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

橋梁長寿命化修繕計画に基づき、老朽化していた湖岸中門橋を架け替えています。
令和3年度中の供用を目指していますので、工事に伴う迂回についてご協力をお願いします。

1.湖岸中門橋の概要

「湖岸中門橋(こがんなかもんはし)」は昭和39年(1964年)に中門川へ架設され、齢50年を超える橋です。
経年劣化や通過交通の影響によって、下部工(橋台、橋脚)に変形・欠損があることや床版に多量の遊離石灰が確認されており、危険な状況でした。
そこで、橋を架け替えることにより交通の安全・安心を確保します。

湖岸中門橋の画像

2.湖岸中門橋架け替えに至る経過

昭和39年度 湖岸中門橋を架設。
平成23年度 現況調査を実施。
平成25年度 予備設計を実施。
平成26年度 詳細設計を実施。
平成30年度 現場着手。(H30年11月)
平成30年度 架設道路へ切り替え。(H31年3月)
令和元年度 旧橋撤去が完了。
令和2年度 新橋築造着手。
令和3年度 事業完了。(予定)

架け替え前の湖岸中門橋
架け替え前の湖岸中門橋の画像

橋脚の劣化状況
橋脚の劣化状況の画像

床版の劣化状況
床版の劣化状況の画像

3.その他

詳細については、別添「パンフレット(湖岸中門橋)」を参照してください。

関連ファイル

パンフレット(湖岸中門橋)[PDFファイル/1.3MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)