ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 環境課 > 諏訪市再生可能エネルギー利用施設の設置等に関するガイドラインについて

本文

諏訪市再生可能エネルギー利用施設の設置等に関するガイドラインについて

記事ID:0002094 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

諏訪市では、事業者と市民相互の理解の下、『諏訪市地球温暖化対策実行計画』を推進していくために欠かすことのできない再生可能エネルギーの利用を円滑に進めるためにガイドラインを制定し、平成27年7月1日から適用を開始しています。
該当する施設を設置する場合には届出等が必要になりますので、ご理解・ご協力をお願いします。

※詳細は、関連ファイルをご確認ください。

対象者

事業者
※ただし、下記に該当する場合は発電容量の届出(様式6)のみをお願いします。(説明会等の開催は不要です。)

  • 個人が土地または建物の屋根に10kW以上の太陽光発電施設を設置する場合
  • 事業者が建物の屋根に10kW以上の太陽光発電施設を設置する場合

対象施設

  • 再生可能エネルギー発電施設(10kW以上)
  • 太陽熱利用施設(集熱器総面積100平方メートル以上)
  • 再生可能エネルギー熱利用施設(出力100kW以上)
    (※大気中の熱を除く)

対象地域

諏訪市内全域(※ただし、本市域に属さない場合でも諏訪市に影響を及ぼす恐れがある場合は本ガイドラインに沿った調整事項を行ってください。)

既設の施設への適用

事業者及び個人の皆様へ

市で、再生可能エネルギーの導入状況を把握するため、対象施設を既に設置している場合にも、発電容量の届出(様式6)をお願いします。

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)