ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 諏訪市消費生活センターサイト > 送り付け商法(ネガティブ・オプション)にご注意下さい

本文

送り付け商法(ネガティブ・オプション)にご注意下さい

記事ID:0003727 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

事業者から消費者に対して、突然、一方的に商品を送り付けてくる商法があります。これを「送り付け商法(ネガティブ・オプション)」といいます。

最近、「注文した覚えが無いのに『ご注文いただきました○○を××日にお送りします』という電話が突然かかってきた」という相談が増えています。

このような電話がかかってきた場合は、「注文した覚えが無い」「必要が無い」ことをはっきりと伝え、電話を切りましょう

もし、商品が配達されてきてしまった場合は、代金は支払わず、受取拒否をして、送り主に返すようにしましょう

代金引換で配達されてきた場合、うっかり支払いをしてしまうことがあります。事業者に連絡が取れなくなっていることも多く、返金交渉は困難となり、 返金される可能性は低いためくれぐれも注意しましょう。

返し損なった場合は、商品が送られてきてから14日経過すれば自由に処分できます(※ただし、その間に商品を開封・使用してしまうと代金を支払わねばなりませんので注意してください)。

不安や心配がある場合は諏訪市消費生活センターへご連絡ください。


よくある相談