ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 諏訪市消費生活センターサイト > 架空請求詐欺について

本文

架空請求詐欺について

記事ID:0003696 更新日:2020年12月2日更新 印刷ページ表示

架空請求詐欺の手口の説明や対処方法

架空請求詐欺

いきなりメールが届いた。身に覚えの無い有料動画の料金て何?

いきなり携帯電話やスマートフォン等にメールが送られて来て・・・

『未払いがある。今日中に支払わないと裁判になる。』『訴訟を起こす』『すぐにこちらへ連絡をください』

そんなメールがいきなり送られて来ると驚くと思いますが、相手側に連絡を取ってはいけません。相手は、焦らせて連絡をよこすように仕向けているのです。
メールで返信をしたり、電話をかける様に指示されていても連絡を取る事はしないでください。
インターネットを利用している方は『あのサイトが有料だったのかな?』と不安になる事もあるでしょうが、いきなりメールで脅し文句と共にそんな請求をする業者はありません。

※裁判の通知はメールや電話では来ません。

連絡よこせ(架空請求)

対処方法

※無視をすることが一番です。
※メールでの裁判や訴訟等の文面がある時は架空請求詐欺を疑いましょう。
※身に覚えがない請求メールは、無視をしてすぐに削除をしましょう。

有料サイトへの登録は、様々な規約や、支払い方法等の確認画面などがある為、自分で登録したかどうかわかるはずです。
身に覚えがあったとしても、すぐには連絡をとらず、自分の有料登録サイトを確認し、架空請求詐欺の手口に騙されないようにしましょう。


よくある相談