ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

保育園のアレルギー対応について

記事ID:0004549 更新日:2021年3月30日更新 印刷ページ表示

保育園のアレルギー対応について

保育園では、アレルギーを持つ子どもたちが毎日安全に保育園生活を送れるよう、厚生労働省が示す「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」に基づき対応します。

代表的なアレルギー疾患(食物アレルギー、アナフィラキシー、気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎)があり、保育園の生活において特別な配慮や管理が必要なお子様は、医師の診断指示(添付様式:「保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表」)に基づき、保護者、園長、看護師、栄養士、担任保育士と面談のうえ、アレルギー対応を実施します。

希望される場合は、必要な書類をお渡しし、詳しい内容を説明しますので、入園されている園(または入園を予定している園)にお申し出ください。

関連ファイル

保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表[PDFファイル/147KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


jiyuu_img1

jiyuu_img2