ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > すわあゆみステーション 子育て応援サイト > 妊娠・出産 > 不妊、不育治療費助成 > 諏訪市不妊及び不育治療助成金交付事業のおしらせ

本文

諏訪市不妊及び不育治療助成金交付事業のおしらせ

記事ID:0004220 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

諏訪市では、不妊治療及び不育治療を受けたご夫婦の経済的負担を軽減するために、不妊および不育治療に関わる医療費の一部を助成します。

対象者

次の条件をすべて満たす夫婦

  1. 受診日において夫婦の双方または一方が、諏訪市に住所を有する、戸籍上の夫婦
  2. 夫婦ともに市税を滞納していない
  3. 夫婦ともに医療保険に加入している
  4. 申請される年度に、他市町村から同様の助成を受けていない
  5. 医療機関において、不妊治療または不育治療(専門医により不育症と診断されている)が必要と診断されている

対象となる治療

  • 医師が認める不妊治療
    • 排卵誘発法
    • タイミング法
    • 人工授精
    • 体外授精顕微鏡授精など
  • 医師が認める不育治療

※夫婦以外の第三者から精子・卵子・胚の提供による不妊治療、代理母、借り腹による不妊治療は対象外。
※特定不妊治療(体外授精・顕微鏡授精など)については、長野県の助成制度があります。
県で受けた治療(医療機関証明書含む)は諏訪市には申請できません。

対象となる助成内容

  • 医療保険適用自己負担分
  • 保険診療適用外
  • 医療機関証明書発行費用

助成金額

  • 治療費用の5割以内。
  • 1年度(4月~翌年3月の間)に、上限10万円。

※年度内に、不妊、不育両方の治療を行った場合は、合計額に対して上限10万円の助成となります。

助成回数

1年度につき1回

必要書類

(1)不妊及び不育治療費等助成事業補助金交付申請書(様式第2号ー1)
(2)不妊及び不育治療受診医療機関医師証明書(様式第2号ー2)
(3)不妊及び不育治療受診医療機関及び薬局証明書(様式第2号ー3)

  • ご夫婦で同一の医療機関で治療している場合は、ご夫婦で一部提出。
  • 金額の訂正は、訂正印では不可なため、ご注意ください。

(4)被保険者証の写し(ご夫婦分)
(5)領収書(不妊または不育治療に係わるもののみ)

申請から助成までのながれ

  1. 申請する場合は、申請内容を確認するために、保健センターに連絡してください。
  2. 医療機関へ必要書類(2)(3)を提示し、証明を受けてください。
    証明は医療機関ごと、薬局ごとに必要です。
  3. 申請書類が揃い次第、保健センターまで提出してください。
  4. 来所される日時を事前に連絡ください。(領収金額を確認する必要があるため、時間に余裕をもってお越しください。)
  5. 申請後、助成金を申請者の口座へ振り込みましたら、申請者へ助成事業補助金交付決定通知書を郵送します。

その他

  • 年度ごとの締めになりますので、申請は年度内にお願い致します。
  • 満額に達する際には、早めに申請してください。

お気軽にご相談をお待ちしております。

ご案内

場所 健康推進課 健康支援係

関連ファイル


jiyuu_img1

jiyuu_img2