建築物の解体(除却)に係る届出

建築物の解体(除却)に係る届出

最終更新日:2017年6月19日(月曜日) 10時26分 コンテンツID:4-7-89-7591

建築物の解体(除却)工事を行う際、以下の届出が必要な場合があります。

○各届出概要

■建設リサイクル法に基づく届出について
リサイクル法に基づく届出に関しては、建築物の解体工事(床面積の合計 80m2以上の建物の解体工事)以外にも必要な場合があります。詳しくは、 長野県「建設リサイクル法のご案内」をご覧下さい。

■アスベスト含有建材使用建築物解体工事届出について
詳しくは、長野県 「アスベスト建材等の除去・解体工事に伴う届出」をご覧下さい。

■建築工事届及び建築物除却届について
建築基準法 第15条第1項により、「 建築主が建築物を建築しようとする場合又は建築物の除却の工事を施工する者が建築物を除却しようとする場合においては、これらの者は、建築主事を経由して、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。ただし、当該建築物又は当該工事に係る部分の床面積の合計が 10平方メートル 以内である場合においては、この限りでない。」と定められています。

※建築工事届と建築物除却届の違いについて

「建築物除却届」は、建替えを伴わない解体工事を行う場合で、かつ除却工事部分が 10平方メートルを超える場合に届出することとなっています。届出者は、工事施工者です。
建替えを伴う場合は確認申請時の「建築工事届」(第四面)に除却工事を記入してください。届出者は、建築主です。
※固定資産税に係る滅失届については、税務課固定資産税係にお問い合わせ下さい。

○各届出の届出先と受付窓口について
解体しようとする建物の規模・用途によって、各届出の届出先が異なります。詳しくは、下表を参考にしていただくか、お問い合わせ下さい。届出の様式については、ページ下部の関連リンクをご確認ください。
 

  解体(除却する建物) 届出先名 受付窓口
建設リサイクル法に基づく届出 建築基準法第6条第1項
第1号~第3号までに掲げる建築物
諏訪建設事務所長 諏訪建設事務所建築課
建築基準法第6条第1項第4号に掲げる建築物 諏訪市長 諏訪市役所都市計画課建築住宅係
アスベスト含有建材使用建築物解体工事届出 建築基準法第6条第1項
第1号~第3号までに掲げる建築物
諏訪建設事務所長 諏訪建設事務所建築課
建築基準法第6条第1項第4号に掲げる建築物 諏訪建設事務所長 諏訪市役所都市計画課建築住宅係
建築工事届
及び
建築物除却届
10平方メートルを超える全ての建物 長野県知事 諏訪市役所都市計画課建築住宅係
※ただし、工事届提出の場合で指定確認検査機関による確認申請の場合は、各審査機関に提出して下さい。
 
   
 

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

都市計画課 建築住宅係 
電話番号:0266-52-4141(268) ファックス番号:0266-52-8164

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る