各種税証明の請求方法について

各種税証明の請求方法について

最終更新日:2019年7月24日(水曜日) 08時43分 コンテンツID:4-4-28-3870

~各種税証明の請求方法についてお知らせします~

◆市民課市民窓口係では下記の税証明書を発行しています。

○所得・課税・扶養証明書
○納税証明書
○車検用軽自動車税納税証明書

※所得・課税・扶養証明書について
平成31年度の所得・課税・扶養証明書(平成30年分所得が記載されたもの)は令和元年6月10日(月)から発行できるようになりました。
平成31年度 の所得・課税・扶養証明書は、 平成30年分の所得、平成31年度の市県民税課税額及び扶養人数が記載されたものです。
・平成31年度の証明は、原則、 平成31年1月1日に住所があった市町村で発行します。1月2日以降に諏訪市に転入された方は、諏訪市では証明書を発行できない場合がありますのでご注意ください。
・市県民税(住民税)申告書を申告期限後に提出された場合、 証明書の発行までに1日お時間をいただきますので、予め申告いただきますようお願いいたします。
・マイナンバーカード等を使って、コンビニのマルチコピー機での発行ができます。詳しくは 「証明書コンビニ交付サービス」のページを確認ください。

※納税証明書について
諏訪市の入札参加に係る法人の納税証明書(未納税額のない証明)は税務課収納係で発行します。請求方法については税務課収納係へお問い合わせください。
・諏訪市の入札参加以外に係る法人または個人の納税証明書を請求する場合は当ページを参照してください。
・直近で納付いただいた市税等は、納税証明書の納付税額に反映しない場合があります。納付後すぐ(概ね1週間以内)に納税証明書の請求をされる場合は、領収書等の納付が確認できるものをお持ちください。


◆請求方法

・窓口で申請用紙に必要事項を記入するか、添付ファイルの様式に記入したものを窓口にお持ちください。
・本人または住民基本台帳上の同一世帯員以外の方が申請する場合は、本人からの委任状が必要となります。 なお、市外へ転出後は、住民基本台帳上の同一世帯員からの申請の場合も委任状が必要となります。
・法人の納税証明書をお求めの場合は、法人の印鑑、または法人の印鑑を押印した委任状が必要です。
・窓口にお越しの方の本人確認を行います。
詳しくは 「税証明取得の際の本人確認のお願い」のページをご確認ください。



◆手数料

1通 300円 ※車検用軽自動車税納税証明書は無料です。


◆郵送による請求方法
※原則として、証明が必要な方ご本人からの請求に限らせていただきます。(車検用納税証明書と法人納税証明書を除く。)

・下記添付ファイルのうち(郵送用)とあるもの、又は便箋などの用紙に次の事項を記入し、下記のものを同封してお送りください。

1、記載内容
・必要な証明の種類、年度、部数
・請求される方、証明が必要な方の住所、氏名、生年月日、連絡先の電話番号

2、同封するもの(※車検用軽自動車税納税証明を請求する場合は、定額小為替および本人確認書類等は不要となります)
・返信用封筒(切手を貼り、宛名を記入してください。)
・定額小為替(1通につき300円。郵便局で購入できます。)
・本人確認のための、運転免許証等、公官庁発行の顔写真入りの身分証明書のコピー

<あて先>
郵便番号392-8511
諏訪市高島一丁目22番30号
諏訪市役所市民課市民窓口係


 


くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

市民課 市民窓口係 
電話番号:0266-52-4141(116)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る