平成30年度から、市・県民税(個人住民税)の給与からの特別徴収を徹底します!

平成30年度から、市・県民税(個人住民税)の給与からの特別徴収を徹底します!

最終更新日:2017年11月14日(火曜日) 15時17分 コンテンツID:4-2-9-2594

長野県と県内全市町村では、平成30年度から、原則として全ての事業主(給与支払者)の方を県下一斉に特別徴収義務者として指定し、従業員の市・県民税(個人住民税)について特別徴収(給与天引き)を徹底します。


≪事業主(給与支払者)のみなさまへ≫

■市・県民税(個人住民税)の特別徴収とは?

 
〈参考パンフレット:「個人住民税は特別徴収で納めましょう(総務省・全国地方税務協議会)」〉


■特別徴収のメリット

1)特別徴収の場合、市・県民税(個人住民税)を6月~翌年5月にかけて最大12回で納めていただくため、普通徴収(個人で納税、最大4回納付)よりも分割数が大きく、1回当たりの支払金額が小さくなります。

【1)のイメージ図】


2)事業主(給与支払者)が毎月の給与から市・県民税(個人住民税)を天引きして納税を行うため、従業員の方が金融機関へ出向く手間が省ける、納め忘れがなくなるというメリットがあります。


  【具体例 : 年税額=12万円】
  ○個人で納付する場合は…
  第1期30,000円 納期限6月末
  第2期30,000円 納期限8月末
  第3期30,000円 納期限10月末
  第4期30,000円 納期限12月下旬

  納期限までに個人が納付書により金融機関の窓口で納税。
  または、納期限当日に口座振替となります。

  ○事業主が特別徴収する場合は…
  毎月10,000円(6月~翌年5月)
  事業主が毎月の給与から天引きして納税します。


3)税額や毎月天引きする金額については、事前に市区町村が計算して通知します。所得税のように事業主(給与支払者)が計算する必要はありません。


≪納税義務者(従業員)のみなさまへ≫

■市・県民税(個人住民税)を特別徴収に切り替えるとどうなるの?
1)市からお勤めの事業所を通じて「給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書(納税義務者用)」をお送りします。
 
市・県民税の計算明細と、何月にいくら給与から天引きするか記載されていますので、ご確認ください。
2)毎月の給与明細には「住民税」「市県民税」「個人住民税」という項目で記載されます。(お勤めの事業所により名称が異なりますのでご注意ください。)



■特別徴収にしてほしい!(手続き方法)
個人が直接市役所へお申し出いただいても手続きすることができません。特別徴収に切り替えるためには、お勤めの事業所の給与・経理担当者に「市・県民税を給与天引きにしてほしい」と申し出てください。
毎年6月から新しい年度の市・県民税の納税が開始となりますが、普通徴収の納期限が過ぎていないものは、年の途中からでも特別徴収に切り替えることができます。
参考>市・県民税(個人住民税)を会社の給与から天引きしたい場合、どうすればいいですか?…(新しいウィンドウが表示されます)



■特別徴収されていた人が年の途中で退職したらどうなるの?
退職によって特別徴収できなくなった残りの税額を次のいずれかの方法で納めていただくことになります。
○一括徴収・・・退職の際に残りの税額全てを給与から天引きする方法
( 1月1日~ 4月30日の間に退職した場合は、一括徴収での納税となります)
○普通徴収・・・退職後に、残りの税額を個人が金融機関・コンビニエンスストアなどで納付書、または口座振替によって納める方法
参考>会社を退職した場合、残りの市・県民税(個人住民税)はどうなりますか?…(新しいウィンドウが表示されます)


 

くらしの分類

くらしの情報

  • 戸籍・証明・税金 [ 市税

事業者向け情報

情報発信元

税務課 市民税係 市民税係
電話番号:0266-52-4141

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る