諏訪市自然環境保護条例による開発行為の届出について

諏訪市自然環境保護条例による開発行為の届出について

最終更新日:2018年6月13日(水曜日) 13時28分 コンテンツID:4-4-34-10479

諏訪市自然環境保護条例による開発行為の届出についてお知らせします。

 

諏訪市自然環境保護条例第7条に定められた自然環境保護調整地区内において、同第11条第1項に規定されている下記の開発行為を行う場合は、事前に開発行為届の提出が必要です。
また、開発行為の種類によっては、自然環境保護協定の締結が必要な場合があります。


【自然環境保護調整地区について】
■諏
訪市自然環境保護条例第7条に定められた、自然環境を良好に維持することが必要な地区です。
範囲については、添付ファイルの「自然環境保護調整地区範囲図」をご覧ください。

【開発行為届の提出が必要な開発行為】

開発行為届
の提出が必要な開発行為の種類、規模等の要件は以下のとおりです。
(1) 宅地造成その他土地の形質変更・・・面積 1ヘクタール以上
(2) 建築物その他工作物の新築、改築又は増築
・・・高さ13メートル以上又は延面積1,000平方メートル以上
(3) 送水管設置・・・長さ 30メートル以上
(4) 鉄塔設置・・・高さ 30メートル以上
(5) ダム設置・・・高さ 20メートル以上
(6) 車道設置・・・長さ 1,000メートル以上
(7) 送電線設置・・・長さ 100メートル以上
(8) 地下水を取水するための掘さく
■開発行為届の様式は添付ファイルをご覧ください。

【開発行為届の提出期限】
■開発行為を開始する60日前まで

【自然環境保護協定の締結について】
■開発
行為届の提出が必要な開発行為のうち、
(1) 宅地造成その他土地の形質変更・・・面積 1ヘクタール以上
(6)車道設置・・・長さ 1,000メートル以上
(8)地下水を取水するための掘さく

については、
訪市自然環境保護条例第17条の規定により、
開発行為届の提出のほか、市と自然環境保護協定の締結が必要です。
開発行為の計画が明らかになった時点で、早めに生活環境課にご相談ください。

【開発行為変更届の提出について】

■開発行為届の提出後に内容に変更が生じた場合は、開発行為変更届の提出が必要です。
■開発行為変更届の様式は添付ファイルをご覧ください。

【自然環境保護基準の遵守について】
■自然環境保護条例第7条第3項、同施行規則第2条に定める自然環境保護基準の遵守が必要です。
■自然環境保護基準の内容については、添付ファイルをご覧ください。


自然環境保護調整地区内では、開発行為届の提出が不要な開発行為についても、自然環境保護条例第7条第3項、同施行規則第2条に定める自然環境保護基準の遵守が必要です。
 

関連ファイル

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

生活環境課 環境保全自然エネルギー推進係 
電話番号:0266-52-4141(214)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る