弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

最終更新日:2017年10月16日(月曜日) 15時46分 コンテンツID:2-3-24-8642

昨今の国際情勢を踏まえ、北朝鮮による弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、とりまとめた内容が政府ホームページ(国民保護ポータルサイト)に掲載されましたのでお知らせします。

国民保護ポータルサイトは こちら(国民保護ポータルサイトにジャンプします)

なお、北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、市民のみなさまに対して、全国瞬時警報システム(J-ALERT= Jアラート)を使用して、サイレン等により、防災行政無線で情報伝達をすることとしております。

全国瞬時警報システム(J-ALERT= Jアラート)を用いて提供する情報及び対処方法については こちら(諏訪市ホームページの全国瞬時警報システムについての記事にジャンプします)

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

危機管理室 市民安全係 
電話番号:0266-52-4141(258)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る