マイナンバー(個人番号)等を記載した住民票を代理人が請求する際の注意点

マイナンバー(個人番号)等を記載した住民票を代理人が請求する際の注意点

最終更新日:2015年11月10日(火曜日) 11時15分 コンテンツID:2-4-26-7384

代理人が窓口でマイナンバー(個人番号)及び住民票コード記載の住民票を請求する場合、代理人の方に窓口にて手数料をお支払いいただた上、住民票は請求者ご本人の住所宛に直接郵送いたします(代理人の方が窓口で受け取ることはできません)ので、ご注意ください。

■マイナンバー(個人番号)等記載の住民票を窓口で請求した場合の交付方法


申請する方 交付方法
本人または同一世帯に属する者 その場で直接交付
 
代理人(法定代理人・任意代理人) 請求者ご本人の住所宛に郵送で交付
※代理人対して直接交付することはできませんのでご注意ください。
第三者の方
交付することができません
 

なお、コンビニエンストアでの住基カードによる交付及び、岡谷市、茅野市、下諏訪町、富士見町、原村の各住民票交付窓口における市町村間での、 代理人によるマイナンバー(個人番号)及び住民票コード記載の住民票請求の取り扱いは行なっておりません。

■代理人申請時の持ち物

1、委任状( マイナンバーを記載した住民票が必要であること及び、利用目的が明示されていることが必要です。

2、代理人の本人確認ができる書類

3、郵送用の切手(簡易書留:392円)


なお、ご本人が直接申請される際の持ち物は、本人確認ができる書類のみとなります。
請求窓口などにつきましては、下の情報発信元、関連リンクをご覧ください。

関連ファイル

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

市民課 市民係 
電話番号:0266-52-4141(111)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る