諏訪市木造住宅耐震改修補助事業補助金制度のご案内

諏訪市木造住宅耐震改修補助事業補助金制度のご案内

最終更新日:2018年5月24日(木曜日) 13時29分 コンテンツID:2-7-89-7126

耐震補強・現地建替え・部分改修工事、耐震シェルターへの補助制度

対象となる住宅にお住まいの方で耐震改修工事又は建て替えをお考えの方は、本制度をご活用いただきますよう是非ご検討ください。


諏訪市では「災害に強いまちづくり」を目指し、建築物の耐震化に関する各種支援制度を設けています。
住宅については、昭和 56年以前に工事着手された既存木造住宅の耐震補強工事に対し補助制度を設けておりましたが、平成27年度より現地建替(診断の結果、倒壊の可能性のある既存住宅の除却を伴うもの)についても補助対象とする制度拡充を行いました。また、従来60万円だった補助限度額を平成29年度より 100万円に拡充しました。さらに平成30年度より補助率が1/2から 4/5に引き上げられています。制度の概要等は以下の通りです、詳細については担当課にお問い合わせください。

■補助制度の概要

◇耐震改修工事又は現地建替工事
【対象となる住宅】
次の条件を全て満たすもの
○昭和56年5月31日以前に工事着工した市内の木造戸建て住宅(一部併用住宅も可)※
○長野県木造住宅耐震診断士(以下『診断士』)による耐震診断の総合評点が1.0未満の住宅
※昭和56年5月31日以降に増築等を行っている住宅は対象外となる場合があります。
【対象となる工事】
次の条件のいずれかを満たし、2月末までに工事が終わるもの
○上記住宅に対して行う、評点が0.7以上かつ工事前の評点を超える耐震補強工事
○現地における既存住宅の建替工事(既存住宅の除却を伴うもの)
【補助額】
補助対象工事費の4/5以内且つ最大100万円
【所得要件】
前年度の所得が以下の金額以下である者
○給与所得のみの者 収入金額 1,442万円
○その他の者 所得金額 1,200万円

◇その他工事
【対象となる住宅】
次の条件を全て満たすもの
○昭和56年5月31日以前に工事着工した市内の木造戸建て住宅(一部併用住宅も可)※
○診断士による耐震診断の総合評点が1.0未満の住宅
※昭和56年5月31日以降に増築等を行っている住宅は対象外となる場合があります。
【対象となる工事】
次のいずれかを満たし、2月末までに工事が終わるもの
○耐震シェルターを設置する工事・工事後の評点が工事前の総合評点を超える工事
○耐震化に寄与すると市長の認める工事
【補助額】
補助対象工事費の1/2以内且つ最大30万円
【所得要件】
前年度の所得が以下の金額以下である者
○給与所得のみの者 収入金額 1,442万円
○その他の者 所得金額 1,200万円


◇事業の流れ
1 診断士による診断

2 補強及び建替等の検討

3 補助申請書類の作成・提出(⇒市審査)

4 交付決定通知送付

5 契約・工事着工(補強工事 又は 既存解体工事+新築工事)

6 しゅん工、実績報告書の作成・提出(⇒市検査)

7 交付確定通知送付

8 補助金支払請求書の提出

9 補助金お支払い→END

【その他】
諏訪市住宅リフォーム助成制度(工事経費の10%を補助、ただし上限10万円)との併用も可能です(同部位の重複不可、詳しくは担当課にご相談ください)。その他、環境配慮型住宅助成金(長野県)等の制度も同様の扱いとなります。


※耐震改修・現地建替・その他工事に係る補助申請は、交付決定後に工事等の契約を行う必要があります(既契約工事は申請が受け付けられません)。また、予算の範囲内で申請の受付を締め切ることがありますので、工事計画を検討される場合は必ず都市計画課建築住宅係までご相談ください。



 

お問い合わせ先

電話番号: 0266-52-4141

ファックス番号: 0266-52-9164

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

都市計画課 建築住宅係 建築住宅係
電話番号:0266-52-4141(268) ファックス番号:0266-52-8164

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る