新田次郎

新田次郎

最終更新日:2018年4月18日(水曜日) 16時29分 コンテンツID:2-11-126-660

【新田次郎】にった・じろう
(明治45年-昭和55年旧・上諏訪町角間新田生まれ)

本名は藤原寛人。藤原咲平の甥。旧制諏訪中学、無線通信講習所を卒業後、中央気象台等勤務。富士山頂への測候所建設時の担当課長。現職中から、執筆活動を開始、山を舞台に数多くの名作を残した。白馬岳山頂へ巨石を運び上げる強力の悲劇を描いた『強力伝』では、直木賞を受賞。吉川英治文学賞受賞。作品のいくつかは映画化されている。

(年 譜)
1932年
中央気象台入所
富士山測候所 勤務
満州国観象測候所 勤務 など
*無線ロボット雨量計の発明で運輸大臣賞を受賞。

1966年
退職

(著 作)
『強力伝』
『孤高の人』( 1969年)
『栄光の岩壁』( 1973年)
『芙蓉の人』( 1971年)
『八甲田山死の彷徨』( 1971年)
『聖職の碑』( 1969年)
『霧の子孫たち』( 1969年)
『武田信玄』( 1969年~ 73年)
*『新田次郎全集』全22巻がある。

【新田次郎記念室】
諏訪市図書館2階蔵書を中心に遺品などを常設展示しています。閲覧も可能。

《開館時間》
火・金 午前9時30分~午後7時
水・木 午前9時30分~午後6時30分
土日祝 午前10時~午後6時

《休館日》
月曜日。蔵書整理期間(月末及び秋。詳しくはお問い合わせください)。年末年始。

《住所・連絡先》
諏訪市湖岸通り 5- 12- 18
電話 0266- 52- 0429

(こぶしの会)
毎年4月、新田次郎をしのんで会がもたれ、講演会などが行われています。会への参加ご希望の方は、当日直接「しのぶ会」へお越しください。「しのぶ会」の開催日程は諏訪市広報等にてお知らせいたします。

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

生涯学習課 文化財係 
電話番号:0266-52-4141(582)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る