藤原咲平

藤原咲平

最終更新日:2018年4月19日(木曜日) 08時18分 コンテンツID:2-11-126-655

【藤原咲平】
ふじはら・さくへい (明治17年-昭和25年旧・上諏訪町 角間新田生まれ)

旧制諏訪実科中学、旧制一高卒業後、東京帝大理科物理学科入学。大学院在学中から中央気象台技術見習員の講師をつとめる。「お天気博士」として親しまれた。理学博士。また、河角広(地震学者)、藤原寛人(新田次郎)、諏訪彰(火山学者)ら郷土出身の後輩を育てた。

(年 譜)
・明治 44年 中央気象台に入台。理学博士。
・大正 3年 寺田寅彦博士と共に水産講習所の嘱託講師。
・同 13年 東京帝大教授に就任。
・昭和 7年 自ら会長となり霧ヶ峰グライダー研究会を設立。
・昭和 9年 日本で最初のグライダー大会を霧ヶ峰で開催。
・昭和 16年 第 5代中央気象台長に就任。 22年退職。
「音の異常伝播の研究」で学士院賞受賞。

(論文・著作)
「渦動の向対称の原理」「地渦・地裂及地震」など多数の論文の他に『雲を掴む話』『気象と人生』などの一般向けの著作も多数。

(展示室、顕彰碑など)
○諏訪市図書館「藤原咲平記念室」
博士の蔵書を中心に胸像・遺品・墨蹟などを常設展示。閲覧も可能。

《開館時間》
火・金 午前9時30分~午後7時
水・木 午前9時30分~午後6時30分
土日祝 午前10時~午後6時

《休館日》
月曜日。蔵書整理期間(月末及び秋。詳しくはお問い合わせください)。年末年始。

《住所・連絡先》
諏訪市湖岸通り 5- 12- 18
電話 0266- 52- 0429


〇記念碑
霧ケ峰強清水のグライダー滑走路脇にあります。胸像と、博士の詠んだ
「草に臥(ね)て 青空見れば 天と地と 我との外に何物もなし」
という歌が刻まれた記念碑(昭和36年建立)があります。夏にはレンゲツツジ、ニッコウキスゲ、秋にはマツムシソウに彩られる美しい草原です。一度お立ち寄りください。

(藤原咲平博士をしのぶ会)
毎年7月、レンゲツツジやニッコウキスゲが美しい時期に、ご遺族、気象関係者、グライダー関係者などのみなさんにより、博士の功績をしのぶ会を開催しています。「しのぶ会」は昭和 36年に記念碑が建てられたのを機に 41年から行われています。
・場所 諏訪市霧ヶ峰強清水 藤原博士記念碑前
・事務局 諏訪市教育委員会生涯学習課

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

生涯学習課 文化財係 
電話番号:0266-52-4141(582)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る