第五次諏訪市総合計画について

第五次諏訪市総合計画について

最終更新日:2018年9月11日(火曜日) 16時17分 コンテンツID:2-3-16-4453

第五次諏訪市総合計画(基本構想、基本計画、実施計画)について、お知らせいたします。

■第五次諏訪市総合計画とは

総合計画は、諏訪市の将来の振興発展をめざし、長期にわたる市の経営の根幹となる計画です。 「基本構想」「基本計画」「実施計画」により構成されています。

諏訪市では、新たな市政運営の指針として、平成24年度からの10年間を計画期間とした「第五次諏訪市総合計画」を策定しました。
少子高齢化による人口減少社会の進展、世界的な経済不況などの影響により、諏訪市を取り巻く環境は急激に変化しており、市人口も大幅な減少が予想されています。
このため、市民、事業所、行政がともに手を携える「ともに生きるまちづくり」を進め、市の将来像である「自然の恵みと地域の活力が調和する やさしさとふれあいのまち 諏訪」の実現や、現状の人口を堅持することをめざし、計画の実現に向けた行財政運営に取り組んでまいります。



【基本構想】
諏訪市の現状や課題を踏まえ、めざすべき将来の都市像と、それを実現するための「まちづくりの基本目標」を長期的かつ総合的な視野に立って定めます。
(計画期間:平成 24~ 33年度、 10年間)

【基本計画】
基本構想を実現するために、各分野において行う施策を体系的に定めます。
施策ごとに「基本方針」および現状と課題を踏まえた「施策の展開」を定め、効率的・効果的に事業を進めます。
(計画期間:平成 24~ 28年度・平成 29~ 33年度、 5年間)

【後期基本計画(平成29~33年度)についてはこちら】

【実施計画】
基本計画に定めた「施策の展開」について、社会情勢や財政状況との整合性を図り、具体的な事業内容を定めます。
(計画期間: 3年間、毎年度ローリング方式により見直し)

【基本構想・基本計画に基づく実施計画についてはこちら】


■総合計画の進行管理について

「事務事業評価」「施策評価」「重点プロジェクト評価」を実施し、総合計画進行管理のためのマネジメントツールとして活用を図っています。

【総合計画進行管理の目的】

1総合計画の着実な実行
2総合計画に基づいた自治体経営の推進
3事業の見直し、改善、取捨選択
4総合計画の達成状況の公表
5職員の意識改革と政策実現能力の向上


【行政評価結果の公表についてはこちら】


■計画書の閲覧について

計画書については、諏訪市役所 1階の情報コーナー、諏訪市図書館、諏訪市公民館(本館及び四賀・豊田・中洲・湖南の各公民館)で閲覧することができます。
なお、下記の関連ファイルをダウンロードしてご利用いただくこともできます。


■総合計画審議会について

「第五次諏訪市総合計画」策定のため、総合計画審議会において、総合計画に関する事項について調査・審議を行いました。

【総合計画審議会の会議録についてはこちら】


■パブリックコメントの実施結果について

第五次諏訪市総合計画の策定にあたり、パブリックコメントを実施したところ、数多くの市民の皆様から貴重なご意見・ご提言をいただきました。ご協力ありがとうございました。
いただいたご意見・ご提言、総合計画への反映については、下記のリンク先をご覧ください。


【パブリックコメントの実施結果についてはこちら】

くらしの分類

市政情報

情報発信元

企画政策課 企画政策係 
電話番号:0266-52-4141(321)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る