鳥インフルエンザに関わるお知らせ

鳥インフルエンザに関わるお知らせ

最終更新日:2017年5月24日(水曜日) 18時16分 コンテンツID:2-6-79-3582

野鳥における国内の高病原性鳥インフルエンザの対応レベルは、平成29年5月12日よりレベル3からレベル1(平常時)に下がっています。
全国的に秋から春にかけて多くの鳥インフルエンザの発生が報告されています。鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察などの通常の接し方では、人には感染しないと考えられています。

野鳥は餌がとれずに衰弱したり、病気や環境の変化などの様々な原因で死亡しますので、死んでいても直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。下記内容をご確認いただき、正しい情報に基づいた冷静な対応をお願いします。

■鳥インフルエンザに関する注意点
・日常生活においては、鳥の排泄物等に触れたときは、手洗い、うがいをしていただければ過度に心配する必要はありません。
・糞が靴底や車両に付着しウイルスが他の場所に運ばれ、鶏などの家きんに被害が発生する恐れがあるため、野鳥へのエサやりを自粛するなど、野鳥に近づきすぎないようにしましょう。


■野鳥が死亡または衰弱している場合の対応について
◎連絡をいただく必要がある場合  鳥インフルエンザの対応レベル 1(平常時)
【1】同じ場所にたくさん(3羽以上)の鳥が死亡または衰弱している場合。
【2】1羽であっても、特に鳥インフルエンザに感染しやすいタカなどの猛禽類(トビ、フクロウを除く)が死亡または衰弱している場合で、かつ、それらが車等への衝突、天敵による捕食等による骨折や外傷が無い場合、
上記【1】、【2】のいずれかに該当する場合は、諏訪市農林課までご連絡ください。

※但し、鳥の種類・数等に関わらず、市道や公園などの公有地に鳥が死亡または衰弱している場合は、素手では触らないようにしていただき、諏訪市農林課へご連絡ください。

◎連絡をいただく必要がない場合
上記【1】、【2】に該当せず、住宅など個人の敷地や会社の敷地で鳥が死亡している場合は、敷地の所有者自身で処分をお願いします。処分する際は、マスク・ゴム手袋を装着のうえビニール袋に入れて、燃えるごみとして処分をお願いします。

◆連絡・問い合せ先
諏訪市役所農林課耕地林務係   電話 52-4141(内線 413・ 414)

◆その他の連絡・問い合せ先
○死亡した愛玩鳥(ペットの鳥)を見つけた場合
(問)諏訪保健福祉事務所食品生活衛生課  53-6000(代)
○死亡した家きん(鶏、アヒル、ウズラなど)を見つけた場合
(問)伊那家畜保健衛生所防疫課 電話0265-72-2782

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

農林課 耕地林務係 
電話番号:0266-52-4141(413) ファックス番号:0266-57-0660

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る