65歳未満の給与所得者で公的年金等の所得がある方へ

65歳未満の給与所得者で公的年金等の所得がある方へ

最終更新日:2017年11月27日(月曜日) 10時31分 コンテンツID:2-2-9-2976

平成22年4月より、65歳未満の給与所得者で公的年金等の所得に係る市・県民税(個人住民税)がある方については、公的年金等の所得に係る税額も給与からの特別徴収(給与天引き)ができることになりました。



平成22年度の税制改正に伴い、 当該年度の初日(4月1日)時点で65歳未満の給与所得者については、公的年金等の所得に係る税額も給与からの特別徴収(給与天引き)ができることになりました。
これに伴い、公的年金等に係る所得についても、原則として給与からの特別徴収に変更となります。

なお、公的年金等に係る税額を普通徴収(納付書払いや口座振替)により納付する方法を希望する場合には、税務課市民税係までご連絡いただきますようお願いいたします。

【注意】
当該年度の初日( 4月1日)時点で65歳以上の給与所得者については、公的年金等の所得に係る税額は給与から天引きできませんのでご注意ください。


 

くらしの分類

くらしの情報

事業者向け情報

情報発信元

税務課 市民税係 
電話番号:0266-52-4141

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る