道路や宅内で温泉があふれていたら

道路や宅内で温泉があふれていたら

最終更新日:2010年3月31日(水曜日) 18時03分 コンテンツID:2-8-2914-1753

道路や宅内で温泉があふれているのを発見した場合の対処方法です

1.道路から温泉があふれている
道路上で配湯管の破裂や漏湯などを発見された場合は、至急水道局まで連絡してください。
そのまま放置すると、大切な温泉を無駄にするばかりでなく、大きな事故を引き起こす原因にもなりかねません。


2.宅内や止湯栓周辺から温泉があふれている
宅内や止湯栓周辺から温泉があふれている場合の修理は、漏湯している場所に応じて対処方法が違います。


給湯装置の“水道局”と“個人”の管理区分は、上記図のとおりです。
・配湯管から止湯栓までの修理費用は水道局負担です。
・止湯栓の下流から蛇口までの修理費用はお客様負担です。
・温泉があふれている箇所など不明な場合は、水道局まで連絡してください。


ビル・マンション・アパートに温泉を給湯している場合は、温泉所有者の管理になります。


敷地内で温泉があふれている場合の修理費用は、お客様負担となります。
温泉を施行した、諏訪市指定給水装置工事事業者に連絡して修理してください。
施行した工事事業者が不明な場合は、水道局まで連絡してください。
夜間や休日で連絡がつかない場合は、諏訪市役所 電話 0266-52-4141(代)
まで連絡してください。



※熱海市ホームページ『市営温泉 温泉のトラブル』水道温泉課
               より一部抜粋させていただきました。





くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

施設課 温泉係 
電話番号:0266-52-4141(764)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る