諏訪高島城

諏訪高島城

最終更新日:2018年2月2日(金曜日) 17時41分 コンテンツID:2-6-77-1348

高島城の概要
高島城は別名「浮城」とも呼ばれ、400年ほど前の慶長3年、豊臣秀吉の家臣「日根野織部高吉」により築城され、諏訪氏の居城としてその威容と要害堅固を誇ってきました。

昭和 45年 5月に天守閣が復興され、その美しい姿を再び堀の水に映すようになりました。
城内 1階は「企画展示コーナー」「情報コーナー」となっております。 2階は「築城」「藩主」「藩士」「藩政」のテーマごとに遺品や資料を展示し、 3階は諏訪の平を一望できる展望コーナーになっています。
天守閣が在する高島公園は桜の名所にもなっており、また、四季折々の花が楽しめます。



⛄パネル展示『諏訪湖の御神渡り』⛄
高島城の天守閣資料館では 2月 2日(金)より、パネル展示『諏訪湖の御神渡り』を開始しました。
このパネル展示は 5季ぶりの御神渡り出現の期待が高まる中、市民・観光客の皆さんに、御神渡りに関する基本情報を提供するもので、休館中の諏訪市博物館からの資料提供を受けて開催しています。

○主な展示資料
( 1)平成 18年『御神渡り』の際の
1 八剱神社による拝観式神事の記録写真・・・ 7枚
2 御神渡りの状況写真・・・ 2枚
3 御神渡りの走行図・・・ 1枚
( 2)御神渡り発生のメカニズム
( 3)御神渡りの出現記録
( 4)『 560年以上続く御神渡りの記録』の解説
( 5)最古の気象記録である『御渡帳』(八剱神社所有)の解説と写真
( 6)御神渡り伝説の紹介



続日本100名城に選定されました
平成18年に選定されました、日本100名城に引き続き「続日本100名城」に城の日である4月6日に高島城が認定されました。



★日本どまんなかお城スタンプラリー開催中★
平成29年6月3日(土)~11月30日(木)まで、中日本高速道路(株)事業エリア内にある21城でスタンプラリーを開催しています。
詳しくはサイトまでhttp://www.ogakikanko.jp/event/osirostamp/



【企画展】
わがまち再発見御枕屏風と歩くまち
行ってみよう高島城歩いてみよう城下町


期間平成29年11月1日~平成30年3月31日

内容江戸時代前期に作られた「御枕屏風」。そこに描かれた高島藩の絵地図をもとに、現代の町並み写真と比較しながら、わがまちを再発見していきます。




御枕屏風(複製)を常設展示(平成 25年 8月 22日~)
「御枕屏風(おまくらびょうぶ)」(八劔神社蔵、市有形文化財)は、高島藩三代藩主 諏訪忠晴が、寛文 4年(1664年)画工に命じて作らせたとされる物です。座右に置いて政務を執ったので「御枕屏風」と名付けられました。六曲一双に広がる諏訪の景色は、江戸時代初期の村落の所在や高島城、城下町などの姿をうかがい知ることができる貴重な資料であり、美術的にも優れています。
この度、八劔神社の協力により常設展示することになりました。ぜひご覧ください。


<高島城臨時休館のお知らせ>

館内清掃のため、下記日程で高島城が臨時休館いたします。ご承知いただきますよう、よろしくお願いいたします。


○平成29年5月29日(月) ※12時30分より休館
○平成29年8月24日(木) ※12時30分より休館
○平成29年11月9日(木) ※終日休館
○平成30年3月 7日(水) ※12時30分より休館



[入場料]
大人 300円( 200円) 小人 150円( 100円)
※( )内料金は 20名以上の団体
※小人… 小学生から中学生(ただし、保護者同伴の未就学児童は無料)
   ※障がい者手帳をお持ちの方は、大人150円、こども無料、介助が必要な場合は介助人1名まで割引料金150円。

[休館日]
12/26~12/31
※館内清掃等のため、休館します。


[開館時間]
9: 00~ 17: 30( 10/ 1~ 3/ 31は 16: 30まで)

[交通]
JR中央線上諏訪駅下車、徒歩10分
中央道諏訪ICより車で15分

[問い合わせ先]
高島城 0266-53-1173
諏訪市観光課 0266-52-4141

お問い合わせ先

諏訪高島城

電話番号: 0266-53-1173

地図

諏訪高島城

くらしの分類

観光情報

諏訪市観光サイト

情報発信元

観光課 施設管理係 
電話番号:0266-52-4141(423)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る