諏訪高島城

諏訪高島城

最終更新日:2018年5月30日(水曜日) 16時59分 コンテンツID:2-6-77-1348

高島城の概要
高島城は別名「浮城」とも呼ばれ、400年ほど前の慶長3年、豊臣秀吉の家臣「日根野織部高吉」により築城され、諏訪氏の居城としてその威容と要害堅固を誇ってきました。

昭和 45年 5月に天守閣が復興され、その美しい姿を再び堀の水に映すようになりました。
城内 1階は「企画展示コーナー」「情報コーナー」となっております。 2階は「築城」「藩主」「藩士」「藩政」のテーマごとに遺品や資料を展示し、 3階は諏訪の平を一望できる展望コーナーになっています。
天守閣が在する高島公園は桜の名所にもなっており、また、四季折々の花が楽しめます。


☆高島城天守閣七夕祭り『梶の葉さらさら』☆
~『梶(かじ)の葉』に願いを書こう!~

七夕祭りに梶の葉をかたどった色紙の短冊に願い事を書き竹に飾ります。7日は梶の葉に書いていただくこともできます。

・会場:高島城天守閣
・料金:入館料のみで参加できます
・期間:平成30年6月23日(土)~7月7日(土)




続日本100名城に選定されました
平成18年に選定されました、日本100名城に引き続き「続日本100名城」に城の日である4月6日に高島城が認定されました。



★日本どまんなかお城スタンプラリー開催中★
平成30年4月28日(土)~11月25日(日)まで、中日本高速道路(株)事業エリア内にある21城でスタンプラリーを開催しています。
詳しくはサイトまでhttp://www.ogakikanko.jp/event/osirostamp/



【企画展】
わがまち再発見御枕屏風と歩くまち
行ってみよう高島城歩いてみよう城下町


期間平成29年11月1日~平成30年3月31日

内容江戸時代前期に作られた「御枕屏風」。そこに描かれた高島藩の絵地図をもとに、現代の町並み写真と比較しながら、わがまちを再発見していきます。




御枕屏風(複製)を常設展示(平成 25年 8月 22日~)
「御枕屏風(おまくらびょうぶ)」(八劔神社蔵、市有形文化財)は、高島藩三代藩主 諏訪忠晴が、寛文 4年(1664年)画工に命じて作らせたとされる物です。座右に置いて政務を執ったので「御枕屏風」と名付けられました。六曲一双に広がる諏訪の景色は、江戸時代初期の村落の所在や高島城、城下町などの姿をうかがい知ることができる貴重な資料であり、美術的にも優れています。
この度、八劔神社の協力により常設展示することになりました。ぜひご覧ください。


<高島城臨時休館のお知らせ>

館内清掃のため、下記日程で高島城が臨時休館いたします。ご承知いただきますよう、よろしくお願いいたします。


○平成30年5月28日(月) ※12時30分より休館
○平成30年8月30日(木) ※12時30分より休館
○平成30年11月8日(木) ※終日休館
○平成31年2月 28日(木) ※12時30分より休館



[入場料]
大人 300円( 200円) 小人 150円( 100円)
※( )内料金は 20名以上の団体
※小人… 小学生から中学生(ただし、保護者同伴の未就学児童は無料)
   ※障がい者手帳をお持ちの方は、大人150円、こども無料、介助が必要な場合は介助人1名まで割引料金150円。

[休館日]
12/26~12/31
※館内清掃等のため、休館します。


[開館時間]
9: 00~ 17: 30( 10/ 1~ 3/ 31は 16: 30まで)

[交通]
JR中央線上諏訪駅下車、徒歩10分
中央道諏訪ICより車で15分

[問い合わせ先]
高島城 0266-53-1173
諏訪市観光課 0266-52-4141

お問い合わせ先

諏訪高島城

電話番号: 0266-53-1173

地図

諏訪高島城

くらしの分類

観光情報

諏訪市観光サイト

情報発信元

観光課 施設管理係 
電話番号:0266-52-4141(423)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る