保育園運動あそびの取り組みについて

保育園運動あそびの取り組みについて

最終更新日:2019年7月26日(金曜日) 08時51分 コンテンツID:2-11-140-12882

「保育園運動あそび」の取り組みについてご紹介します。



諏訪市では、平成26年度からスポーツ課こども課が連携し、「保育園運動あそび」の取り組みを
スタートしました。
13の市立保育園にて、子どもたちの体力向上のために取り組んでいます。




※保育園運動あそびの様子


◆背景
長野県では、子どもたちの運動量が減少していることから、体力向上に向けた活動を活発化し、
県版運動プログラムを実施することで、心身ともに健康な子どもを育てる取り組みを始めています。
このような背景から、諏訪市では就学前に運動習慣を身に付けることが大切と考え、保育園運動あそびの
取り組みをスタートしました。

 



◆目的
運動あそびを取り入れることにより、日常生活ではあまり使われない筋肉を動かすことにつなげます。
就学後に苦手意識を持ちがちな「とび箱・逆上がり」などの基本動作を早い時期に身に付けることで、
基礎体力向上およびスポーツ好きの子どもの育成を目指します。

 

◆取り組み内容
運動保育士の指導のもと、「基礎運動、運動模倣、とび箱、マット、鉄棒、縄跳び」などに
取り組んでいます。
また、運動保育士から指導方法やアドバイスいただき、子どもの活動が豊かに展開されるような
保育環境の構成に活かしています。

 

◆講師紹介

運動保育士金井仁美さん

・長野県南箕輪村出身
・H17.3月に松本短期大学幼児教育学科卒業
・子どもたちに「体を動かす楽しさ」を伝えるために、南箕輪村を拠点に活動中。様々な地域の保育園、
小学校での運動指導のほか、運動あそびや体操教室を各地で行っている。
・H29年度から、諏訪市保育園運動あそびで講師を務めている。


運動保育士とは
運動あそびのプロフェッショナルであり、子どもたちに運動を教える保育士です。
子どもたちが存分に身体を動かせる遊びの機会を提供し、運動機能・頭脳・精神の発達を
促す役割を果たします。

 

◆成果
平成30年度に年長児を対象にアンケートを実施しました。
多くの園児が、「できない」を克服する結果となりました。

※構成比は小数点以下第 2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100にはなりません。




 

くらしの分類

くらしの情報

市政情報

情報発信元

スポーツ課 スポーツ振興係 
電話番号:0266-57-2811 ファックス番号:0266-57-2813

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る