諏訪市不妊及び不育治療助成金交付事業のおしらせ

諏訪市不妊及び不育治療助成金交付事業のおしらせ

最終更新日:2020年4月10日(金曜日) 19時20分 コンテンツID:2-5-69-12773

諏訪市では、不妊治療及び不育治療を受けたご夫婦の経済的負担を軽減するために、不妊および不育治療に関わる医療費の一部を助成します。

◆助成金の対象者 下記( 1)~( 5)全てに該当される方
( 1)不妊治療または不育治療(医療機関において専門医により不育症と診断された場合に限る)を行っている法律上の夫婦
(※県の不妊治療助成対象者は除く)
( 2)ご夫婦の双方または一方が諏訪市に住所を有すること
( 3)ご夫婦の双方が医療保険に加入していること
( 4)市税を滞納していないこと
  ( 5) 申請される年度内に、他市町村から同様の助成を受けていない
こと

※次の治療は対象になりません
○第三者からの精子、卵子提供による体外受精及び顕微受精する治療
○夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的方法で注入し、妻の代わりに妊娠出産する治療
○夫の精子と妻の卵子を体外受精し、妻以外の第三者の子宮に注入して、妻の代わりに妊娠出産する治療
詳しくはお問い合わせください。

◆助成内容
○年度内に受けた治療費から保険給付や任意給付された額を差し引いた額の2分の 1以内で10万円を限度とする(他医院への紹介状含む)。ただし、不妊治療と不育治療のいずれも申請された場合、補助金の合計は 10万円が限度となる。
○同一の夫婦に対して 1年度に 1回交付。

◆申請方法
保健センターにご相談下さい。保健師が内容を説明します。
治療費の自己負担額が 20万円に達する方は早めにご相談ください。
治療継続中の方は年度ごとの申請になりますので、 今年度申請分について令和2年2月末日までにご相談ください。申請は令和2年3月末日までとなります。

ご案内

場所 健康推進課 健康支援係

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

健康推進課 健康支援係 
電話番号:0266-52-4141(592)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る