都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)について

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)について

最終更新日:2019年3月28日(木曜日) 08時43分 コンテンツID:2-7-2046-12230

都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的としています。
 
■制度概要
都市再生特別措置法第 46条第 1項に基づき、市町村が都市再生整備計画を作成し、実施される事業について、事業費の一部に国から交付金が交付されます。平成 16年度に「まちづくり交付金」制度として創設され、平成 22年度からは、社会資本整備総合交付金に統合され、同交付金の基幹事業である都市再生整備計画事業として位置づけられています。
 
(1)都市再生整備計画の作成・事前評価
地域の特性を踏まえ、まちづくりの目標を実現するために実施する各種事業等を記載した都市再生整備計画を作成します。また、事前評価において、計画の妥当性、効率性、実現可能性を確認します。
(2)事業の実施
都市再生整備計画に基づき、まちづくりの目標達成に必要な事業を実施します。国からは、計画に位置づけられた各種事業を実施するための費用に対して、一定の割合で年度ごとに交付金が交付されます
(3)事後評価

都市再生整備計画の最終年度に、目標の達成状況等に関する事後評価を実施、今後のまちづくりの方策等を明らかにし、その結果を公表します。なお、事後評価段階で目標を達成できなかった事業については、翌年度以降にフォローアップを行います。
(4)必要な改善策の実施
事後評価結果を踏まえ、新たに浮き彫りになった課題への対応策を検討し、今後のまちづくりに活かします。
 
■活用地区
諏訪市では、下記の地区でのまちづくりに活用しています。
※各地区の都市再生整備計画等について、詳しくは下記の関連ファイルをご覧ください。
 
●上諏訪駅周辺地区
「都市再生整備計画」「社会資本総合整備計画」「事前評価チェックシート」
 
●上諏訪・上川流域地区(完了)
「都市再生整備計画」「事後評価シート」「フォローアップ報告書」
 

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る