改元に便乗した消費者トラブル

改元に便乗した消費者トラブル

最終更新日:2019年4月3日(水曜日) 09時22分 コンテンツID:2-4-28-11883

改元を名目にした詐欺被害が発生しています。

全国銀行協会をかたる封書が届き、開封すると、元号の改元による銀行法改正について 」という文書が入っており、2019年5月の改元による銀行法改正に伴い、キャッシュカードの変更が必要と説明されています。(関連ファイルを参照してください)

同封の申込書に
銀行名・支店名・口座番号・暗証番号を記載させ、その申込書とキャッシュカードを返信用封筒に入れて送付させ、だまし取るというものです。

県外での事案ではありますが、同様の文書が県内でも届く可能性があります。
他に「退位を記念して作成した」と掛け軸や仏像など勧誘するケースもあります。
注意しましょう。




 

くらしの分類

消費生活センター

情報発信元

市民課 市民窓口係 
電話番号:0266-52-4141(116)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る