スプレー缶の廃棄について

スプレー缶の廃棄について

最終更新日:2019年1月11日(金曜日) 11時59分 コンテンツID:2-4-33-11813

スプレー缶を捨てる際は、次のことに注意し捨ててください。

使い終わったカセットボンベやスプレー缶の出し方

必ず最後まで使い切り、缶に穴を開けて出してください。 中身が入ったままのカセットボンベやスプレー缶をそのままゴミとして出されますと、積み込み作業中などのときに、爆発することがありますので厳守してください。これらが守られてない場合は収集できませんのでご注意ください。

ご家庭で安全に穴を開ける方法


必ず中身が空である事を確認してください。噴射口からシューという音がしなくなるまで出し切ってください。
作業は風通しのよい屋外で行うようにしてください。
・穴を開ける部分は顔から遠ざけるとともに、開ける方向に人がいない事を確認してください。
・穴を開ける際は、火花が散るような強い衝撃を与えないようにしてください。ホームセンターやインターネット通販等で穴を開けるグッズも多く販売されています。これらを利用するとより安全に作業ができます。

 
お問合せ:生活環境課環境衛生係
電話: 0266- 52- 4141(内線 211, 212)

くらしの分類

くらしの情報

情報発信元

生活環境課 環境衛生係 
電話番号:0266-52-4141(211)

詳しいご紹介

お問い合わせ

アンケート

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

        

投票しないで結果を見る

よりよいウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

このページの先頭へ戻る