Next

次回展覧会案内


「シンビズム~信州ミュージアム・ネットワークが選んだ20人の作家たち~」

長野県芸術監督の本江邦夫氏の監修のもと、県内の公立、私立合わせて20の美術館・博物館の学芸員の共同企画により、長野県ゆかりの現代作家の作品を選定・展示する、はじめての展覧会を開催します。

丸山晩霞記念館、御料館、信州新町美術館、諏訪市美術館の4館を会場に同時開催し、諏訪市美術館では、阿部祐己(写真)、高橋広平(写真)、常田泰由(版画)、中村恭子(日本画)、藤沢まゆ(染色)の5名の作品を展示します。

  • 会期:2018年2月24日(土)~3月18日(日)
  • 時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 入館料:無料
  • 休館日:月曜日、祝日の翌日(2月26日、3月5日、12日)
  •